4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.13 Sun » 久しぶりにエア・チェック

どうも、交流戦ではまたもやパリーグのチーム、それもオリックスが優勝か、と現時点では全くスポーツ・ニュース的に盛り上がらないことにがっくり来ているSt. Ivesです。我が愛する中日はこの交流戦がどうも苦手のようなのだが、セリーグ自体がダメダメなんだねえ、と思うのでした。

本日は、久しぶりにFMラジオのエア・チェック。我が家のあたりは電波状態が悪くてNHKFMを聴く気が全くしない。何時になったらBBC3のようにデジタルFMラジオ放送が始まるんだろうと思っているんですけどねえ、ここらあたりについては、NHKはBBCの真似をする気はないみたい。

とはいえ、本日のサンデークラシックは、メトロポリタンで先月上演されたベルクの「ルル」ということで、ひょっとしてBSで舞台を放送してくれるかもという期待を抱きつつ、無かった場合に備えて録音。「ルル」役はハンブルクのの「ルル」であったマリス・ペーターゼン、そして「ゲシュヴィッツ伯爵令嬢」をアンネ・ゾフィー・フォン・オッターでありますから、たとえ音がビリビリしていても、あるいは雑音混じりでも、私個人にはとても価値ある音源であります。ペーターゼンのルルは、ハンブルクとは異なり少女らしい声(あちらは成熟した女性という性格付けであったからなあ)。オッターの伯爵令嬢は、いつもの声でありました。

放送では解説によると、メトが3幕版を最初に取り上げたのは1980年だそうで、そして今回の舞台はその時のものを使用しているとのこと。いくらなんでも古すぎない?と思ったのでした(見てみたいけど)。


これからレーガのヴァイオリン協奏曲でも聴こうかと思うSt. Ivesでした。楽譜の前書きにすら「ヴァイオリニストのレパートリーにはなっていないよーん」と書かれているくらいで、新録音はでないねえ。テツラフあたりが録音してくれんかなあ、ヨアヒムのよりはよっぽど良い曲だと思うんだけど。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/538-4e2c2b90

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。