4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.26 Sat » サロネン指揮フィルハーモニアo. マーラー9番

どうも、津田ホールでのアルディッティSQの演奏会から戻って明日の予習にMTTの振る「ローマの祭」を聴きながらのSt. Ivesです。本日実演も聴いたデュサパン作品(弦楽四重奏曲第5番)は、全17分強の作品ですけど、半分くらいまではカンチェリ?とか思ってしまいました。実際雰囲気も時折聞こえる旋律もそっくりであったなあ、あの手の作品はカンチェリだけで十分だと思うんだけどねえ、ベケットを引用してごまかさないで、という感じ(あっ、私はカンチェリ、特に「風は泣いている」は大好きですので)。初耳のバートホイッスルの作品"The Tree of Strings"はチェロ主導(独裁?)の作品で、最後はハイドンの「告別」交響曲のように終わり、何か劇というか演技と共に演奏すれば良いかもと思った分かり易い作品でしたけどねえ、たいして良い曲には思えんでしたけど、繰り返し聴けばジワジワと良さがわかるのかねえ(解説は、懐かしのガーディアン紙のAndrew Clements氏による、内容の無い評論の翻訳)。アンコールのリゲティの2番が一番作品として出来が良かったと言うと、初っ端に取り上げられた自作の「弦楽四重奏のためのプロジェクション」を聴きに会場にお出ましになっていた湯浅御大がお怒りになられるでしょうか(残りもう1曲は石井眞木の弦楽四重奏曲「西・金・秋」)。



 さて、本日は所要で会社を休んで諸々を片付け(WCを観るために休んだのではない。その時間は普通に寝ておりました)、さらにミューザ川崎でのサロネン指揮VPOによるマーラー9番のチケット(プレオーダー分)も入手し(席はどこに座ればよいのか分からないので適当に決めた)、そうだまだ聴いていなかったと標記CDをかけたところ、いきなり音飛び。


 ヘッドフォン用にDENONの古いDCD-α1を使っていると時たまそういうCDに出会うので、盤面を磨けば大丈夫だろうと見たところ、何と長さ1cm弱で深いキズがある。CDを購入して四半世紀以上、2枚入っていたり、レーベル記載と違う曲が収録されていたり、相性が悪くて再生できないCDに出会ったことはありますけど、最初から大きな傷入りというのは初めて。某毒入りギョーザ事件のように、CD製造工場の誰かが付けたのでしょうかねえ。ともかくさっそく返品しました。タワー渋谷の当該CDはほぼ全滅らしいと聞き(でも売り場には一部と書かれていた)のですが、他店はどうなんでしょうかねえ。しばらく購入は控えて様子見であります。



明日はハチャトリアンの交響曲第3番とレスピーギの「祭」を聴きにトリフォニーに行く予定のSt. Ivesでした。耳が痛くなりそう。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
当該CD、イギリスの通販会社MDTで購入しましたが、問題ありませんでした。日本に輸入したロットで事故があったのでしょうか。。。
Re: タイトルなし
どうも、Borboudakisのピアノ曲集(NEOS)を聴きながらのSt. Ivesです。

みなみさんこんばんは。

> 当該CD、イギリスの通販会社MDTで購入しましたが、問題ありませんでした。日本に輸入したロットで事故があったのでしょうか。。。

どうなんでしょうかねえ、他のCDショップ(石丸、タワー新宿、タワー秋葉原、タワー・オンライン、HMV渋谷、HMV池袋、HMVオンライン)ではとりたてて何も表示していなかったので、偶々タワー渋谷に入荷したロットにだけなにか問題があったのかもしれません。

ではでは。

comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/545-08685a97

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。