4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.07.03 Sat » 希望の後に残るものは?

どうも、「哲学者と狼」を読み終えたSt. Ivesです。


狼を通じたニーチェの書であり、西欧哲学のエッセンス(とその否定)の書であり、狼と過ごした哲学者の回想録といったところでしょうか。狼を「友」とし「永劫回帰」と「力への意志」に溢れているので、功利主義に満ち満ちた経済学を学んだおサルさん(小人ともいう)にはグサッとくるところもあるちょっと辛い書物ではありましたが、「人生の意味」探しに憑かれた(あるいは疲れた)方やこれから狼でも飼ってみようかと考えている方をはじめ、多く方にお勧めします。



ということで、狼つながりでこれからグリモーの弾くバッハ・トランスクリプションズでも聞こうかと思うSt. Ivesでした。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/547-79c60c54

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。