4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.07.29 Thu » オペラを待ちながら

どうも、フランチェスコ・トリスターノ・シュメリの弾くゴルトベルク変奏曲を聴きながらのSt. Ivesです。


リチャード・パワーズの「我らが歌う時」の前に本日本屋で見つけた今年のサマフェス作曲家ジョナサン・ハーヴェイの著書「霊感(インスピレーション)」(春秋社)でも読もうかなと思いつつHMVのサイトをのぞいていると、ブーレーズがオペラを作曲中との記事これあり、そして題材は「ゴドーを待ちながら」...。個人的には演劇史上の一大金字塔、シェークスピアの4大悲劇すら凌駕していると思うこの作品を題材に選ぶとは、すでに御大もヤキが回ったと思っていたが、それを通り越していたとは...。

「イタリアとフランスの新聞による」と「ベルリン・フィルハーモニー・ラウンジ」には書かれていますけど、ニュース・ソースはBBCのエイプリール・ニュースかと思いましたよ。ちなみに今年のBBCはのそれは「シェークスピアはフランス人だった」であり、これがシェークスピアは別人説(フランス系英国貴族のド・ヴィアという説<フロイトが支持していたはず>)を想起させつつ、さらにシラク政権の文化相ジャック・ラングまで登場させる念の入りようで、さすがモンティ・パイソンの国と国営放送だと感心したのでありまして、NHKもサラリーマン・ネオやアルクメデスとは違う路線を、という話ではなく、ブーレーズのオペラですけど、「ゴドー」のあの間合いと空白を音楽で埋めるのは間違い、勘違い、筋違いでありましょう。いや50年代だったらまだ彼にも可能性があったでしょうが80年代以降の作風ではどうする、アイフルという感じです。

ということで、結局はオペラは待てど暮らせど来ない(出来ない)ということを希望を持って願うのでありました。しかし、イタリアとフランスの新聞がかついでいるような気がするなあ。あるいはブーレーズの夢にハイナー・ミュラーでも現れて何事かをのたまったのかな?いっそ、題材をミュラー版「マクベス」にして「運命の力」の作曲家と「ハムレット・マシーン」の作曲家との力量の差が分かるようにすればよかったのに。



この長い名前のピアニストの弾く「ゴルトベルク」に通っている論理は全く分からんなあと思いつつ聞いているSt. Ivesでした。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
スカラの支配人というとリスネルで、彼が目玉出し物のつもりでブーレーズを焚きつけている可能性は無いでもないでしょうが(大体彼、シェローやエンマ・ダンテを使ったりと、モルチエに比べると芸術的にはかなり無難路線なので)、演劇に詳しいんだったらもう少しマシな題材選択をせんのかいなという感じがします.でも、《ゴドー》という題名がどっから出たのかと言えば、私自身の知る限りでは、モネにヴァルリコフスキ演出のマクベスを観に行ったRenaud Machartというcriticがle Mondeにそう書いたに過ぎないわけで.元記事でも「作曲中」というニュアンスではなかったし.ブーレーズ自身、「ベケットの言葉はそれ自体で完結していて、音楽が入り込む間隙は無いように思われる」趣旨のことを過去何度も言ってますしね.

参考(元記事は公開終了しているので):
http://ionarts.blogspot.com/2010/07/boulez-planning-godot-opera-for-2015-at.html

'60年代にジュネ《屏風》で書くというプランが実現していればオペラ史に一定の意義はあったろうし、'80年代にコルテスでも個人的にはそれなりに興味ありますが(ブーレーズがあまり好きそうでないタイプの劇作家なので、逆に)、今となってオペラを書く気は本人には100パーセント無いだろうと思っています.
オペラを待ちながら
どうも、M.F.さん今晩は。

>ブーレーズ自身、「ベケットの言葉はそれ自体で完結していて、音楽が入り込む間隙は無いように思われる」趣旨のことを過去何度も言ってますしね.

>
> '60年代にジュネ《屏風》で書くというプランが実現していればオペラ史に一定の意義はあったろうし、'80年代にコルテスでも個人的にはそれなりに興味ありますが(ブーレーズがあまり好きそうでないタイプの劇作家なので、逆に)、今となってオペラを書く気は本人には100パーセント無いだろうと思っています.

私もそう思っていますが、いきなり予想もしていなかったブルックナーとか振って録音してしまう人でもあるので(笑)、なにかしら(へ)理屈をつけて創ったりしてという気も少しだけあります。彼の同世代やその下の作曲家は、出来不出来はともかくとして何かしら皆創っています作っていますからねえ。

では、また。
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/553-a6ecc7e3

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。