4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.05

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.09.10 Fri » 今月のBBC MUSIC MAGAZINEの付録CD

どうも、ということで付録CDを聴いているSt. Ivesです。


その付録CDは、2000年BBCプロムスのLast Nightで演奏されたヒラリー・ハーンの弾くモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第4番(伴奏は、サー・アンドリュー・ディヴィス指揮 BBCso.)。なお、本誌でもインタビューに応えています。

5月に新譜が出たばかりで当面は録音は出ないだろうなあと思っていた矢先でしたので、嬉しい驚きであります。ただ、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第4番を最後に聴いたのは遠い記憶の彼方でして、今CDを聴いていますが、この演奏が相対的に良い演奏なのかどうか全く分かりません。睡眠導入音楽にはよさそうな感じですけれど。

カップリングは、コルンゴルトのヴァイオリン協奏曲。演奏はAndrew Haveronn、伴奏はビエロフラーヴェク指揮でBBC so.です。


シューマンによるバッハの「シャコンヌ」、ヴァイオリンとピアノ版を聴いてずっこけたSt. Ivesでした。何のためにピアノを入れたのだろうか?
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/563-bc6bce51

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。