4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.06

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.11.04 Thu » ポリーニ・平均律@サントリー 11月3日

どうも、とても疲れているSt. Ivesです。リサイタルが午後9時半に終わってもまだ試合をしていたとは!さらにそれからもう腹が立つやらヒヤヒヤするわの1時間があったとは!ともかくドラゴンズが勝って嬉しいけれど虚脱状態であります。


ということで、極めて極めて簡単に。

ポリーニ・リサイタル
11月3日 サントリーホール 午後7時開演

BWV857、つまり12曲目のプレリュードとフーガが終わったところでいったん休憩。

驚いたことが2つ。一つは前半の途中で1階席から異常な音が響き渡り係員があたふたしたこと。誰か心臓発作でも起こしたのかと思ったのですが、幸いそうではなかった模様。休憩時間に掃除と椅子を外しておりました。

そしてもう一つは、後半、ポリーニがベーレンライターの楽譜を持って登場したこと。ポリーニがリサイタルで譜面見ながら弾くとは!ただ、前半はかなり崩れていたり、弾き飛ばしていたり、ごまかしていたり、タッチがあやふやかつやわやわだったりしていたのが、譜面を見ながらの後はしっかり立て直っていましたので、よござんすと私は思うのですけどね(リヒテルだって譜面見ながら弾いていたし)。オペラグラスがなくて、譜面への書き込みが見えなかったのがちょっと残念。

それにしても、前半はCDとは比較しようもない崩れ方でありました。自由に気儘にピアニスティックに響かせようとしていたのかもしれないけど(多分違う)、あまりに崩れていて、ベートーヴェンの日の二の舞いかと思いましたよ、特に謎の轟音後が一層ひどかった(動揺というかお客さんを心配したのでしょうかねえ?)。それが譜面見ながらの後半は、ブーレーズのソナタの日を思わせる剛直さ、安定的なテンポと急速テンポで駆け抜けの対比をきちんと聴かせ、より細かい表情付けの変化も加わりで、別人か?という感じ。なお、全曲をとおしてかなりペダルを細かく踏んでいまして、響くピアノに響き過ぎるホールだったことから、全体に妙な付加音がうっすらとまとわりつていた感じであったのも、CDできかれるような演奏の再現には不幸でありました。フーガがあんまりポリフォニックに聞こえないんだよね、ポリーニはグールド他のようにそれを目指していないのかもしれないけど。

また、客席がうるさかった。プレリュードとフーガの間でピアノの音が響いているのにザワザワ、ゴホゴホはないでしょう(さらに、私の席の斜め後ろの客は、いびきはかくわ、靴をキュッキュッと床に押し付けるわで、レクター教授に電話しようかと思いましたよ)。ポリーニも客席をちらとみて、ピアノの音がかなり大きい間にページをめくってさっと続きを弾いたりしておりました。それと、ステージ席の学生も何人か船をこいでいました、バッハの平均律全曲は音大生には退屈なんでしょうかねえ。



主旋律をなぞるポリーニの歌声の音程が時々外れて、その都度ガクっときたSt. Ivesでした。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
言い得て妙なブログでございました。

ポリーニを大尊敬している者ですが、今日のコンサートでスタンディングするというのはどうなんでしょうか。
大巨匠の存在に対して、または高めに設定されているポリーニのコンサートのチケットを自分へのご褒美として買えた自分の日々の頑張りに対するものだったのでしょうか。


ポリーニ・平均律@サントリー
どうも、疲れ果て、がっくり来ているSt. Ivesです。先発ピッチャーがことごとく打たれまくっていてはどうしようもありません。


nicoqさん今晩は。

>
> ポリーニを大尊敬している者ですが、今日のコンサートでスタンディングするというのはどうなんでしょうか。
> 大巨匠の存在に対して、または高めに設定されているポリーニのコンサートのチケットを自分へのご褒美として買えた自分の日々の頑張りに対するものだったのでしょうか。

あの演奏はスタンディングするほどではないと私も思います。だんだん山崎浩太郎氏言うところの「守護老人」化しているということでしょうかねえ。あるいは一期一会に対する拍手ということでしょうか。次回のプロジェクトは行く日を厳選しておかねばと思いました。


それにしてもチケット代は高いなあと思うSt. Ivesでした。
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/585-362512f2

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。