4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.10

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.09 Thu » エステルハージ博士の事件簿

どうも、ヤルヴィのシューマン・チクルスの感想を書かねばと思っているうちに日が経ってしまったSt. Ivesです。実によござんした。どこかの新聞の批評欄で、楽団の女性ヴィオラ奏者のことが書かれていましたが、全くその通りで聴いている方も楽しくなりました。



ということで、標記の事件簿を読了。ホームズ・ワトソンもののごとき推理小説ではございませんが、ハイドンの雇い主一族の関係者のような苗字の博覧強記の博士が大活躍(?)する短編集で、天才柳沢教授の生徒や20世紀初頭の中東欧歴史愛好家にはたまらん魅力をもっています。きっとハプスブルクの秘密警察員が読んでも、プラハでゴキブリになったと思う男を扱うよりは面白いと感じただろうと思います。続編はないんでしょうかねえ。



これから、「20世紀を語る音楽」下巻を読み始めようかと思うSt. Ivesでした。上巻にも描かれているシェーンベルクのカリフォルニア時代のカラー写真がみたいものです。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/590-5a9f1767

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。