4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.10

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.18 Sat » デュトワ指揮 N響 エマール(pf)

どうも、ダウスゴーが来シーズンの新日po.に来ると知って小躍りしているSt. Ivesです。ただ、サントリーホールシリーズなので、そっちの会員にもならねばならないのが玉に傷であります。平日だと行けるかどうか今一つ分からないのでねえ。


さて、本日横浜で標記のコンサートに行ってきました。まっとうなホールでN響を聴くのは非常に久しぶりな感じがしますけど、行った甲斐は十二分にありました。


横浜みなとみらいホール 午後2時開演

曲目
ラヴェル ピアノ協奏曲ト長調 
(アンコール)
ブーレーズ ノタシオン(オリジナル。2番が最後だった)

ショスタコーヴィチ 交響曲第8番

ラヴェルにしてもショスタコーヴィチにしてもN響は上手かった。非常に精妙微細な音から、最強奏まで破たんなく、デュトワの指揮のもと、緊張感がずーっと持続し、安心して聴かせてくれた(瞬間的には木管で調子が外れたこともあったが、許容範囲内であった)。中でもラヴェルの2楽章とショスタコーヴィチの8番の第4楽章が実に美しかった。
ピアノ独奏のエマールの演奏は、CDでも聞かれるように洒脱で軽やかで、音が美しく、デュトワ指揮のN響の音がちと重く聞こえてしまった。仕事でオペラ・シティにいけなかったのは極めて残念である。


ダウスゴーの振るブルックナー2番を聴きながらのSt. Ivesでした。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
私はサントリーの方(定期一日目)に行きました.ピアノは今少しのクリアさが欲しかったですけれど、殊にショスタコでデュトワの引き締めが効いていて満足でした.ただ、今年はカンブルラン読響を何度も聴いたせいか、ラヴェルでは暗く垂れ下がり気味の響きに聞こえてしまいましたけれど.

エマールは、リサイタルの方は(去年、一昨年よりは技術にも見合っていて)素晴らしかったです.アンコール頑張っていました.

私は年内はこれで聴き収めの予定ですが、出張でなければ明日のシュネーベル特集や21~23のフリオ・エストラーダのオペラ《原野のささめき》の上演に行っているところです.
そうそうオペラシティでのアンコール(のひとつ)はノタシオンから9-12でした.私は全曲は野平一郎氏でしか聴いた事がなくて、この部分もエマールでは初めてです.コンチェルトの後のアンコールは《ムジカ・リチェルカータ》からでした.

一昨日SWRがカンブルランで年末第九をやったのですが、ラジオで聴いたら最後まで行き着いたあと《ワルシャワの生き残り》を続けて演奏し、その後再度第九のコーダでした.
Re: タイトルなし
M.F.さん今晩は

エマールのリサイタルは仕事があって行けませんでした。アンコール盛りだくさんであろうことは予想していましたが、そっちがメイン級であったとは...。

コンチェルトの後のアンコールはノタシオンで最後は2番でしめていました。

私は、すでにアップした新国での「トリスタンとイゾルデ」、そして年末のマゼールのベートーヴェンです。巨匠というにはちと違うような齢80の彼が振るので楽しみです。しかし最後まで自分の意図通り振れるのかなあ。

> そうそうオペラシティでのアンコール(のひとつ)はノタシオンから9-12でした.私は全曲は野平一郎氏でしか聴いた事がなくて、この部分もエマールでは初めてです.コンチェルトの後のアンコールは《ムジカ・リチェルカータ》からでした.
>
> 一昨日SWRがカンブルランで年末第九をやったのですが、ラジオで聴いたら最後まで行き着いたあと《ワルシャワの生き残り》を続けて演奏し、その後再度第九のコーダでした.


トーマス・マンの「ファウスト博士」を意識したようなカンブルランらしいアイデアですねえ。ルーチンワークや単なるイベント、能天気なお祭り騒ぎ、カンディード的態度での年末「第九」演奏への「異議申し立て」であり、「第九」が何であったかを想起させたのではないでしょうか(ドイツ人たちは苦い思い出、誇るべき文化の裏側をよりはっきり見せつけられて不快だったでしょうけど)。日本ではさすがにこの形では取り上げないでしょうねえ。来年の読売日本交響楽団の第九はカンブルランではなく下野なので、第九だけということはなくプログラム的に何か仕掛けてくるとは思うのですが、そこまではしないでしょうねえ。

それでは、よいお年を。



comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/591-9a517e6d

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。