4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.25 Sat » 午後2時から初台で3流のオーケストラが練習して演奏した「トリスタンとイゾルデ」

はっきり申し上げる。本日の公演はかなりフラストレーションが溜まるものであった。


2010年12月25日 新国立劇場 午後2時開演

「トリスタンとイゾルデ」 プレミエ

指揮 大野和士
演出 ディヴィッド・マクヴィカー
美術 ロバート・ジョーンズ
照明 ポール・コンスタンブル

トリスタン  ステファン・グールド
イゾルデ   イレーネ・テオリン
ブランゲーネ エレーナツィトコーワ
マルケ王   ギド・イェンティンス
クルヴェナル ユッカ・ラジライネン
メロート   星野 淳

演奏 東京フィルハーモニー交響楽団


歌手は、テオリンが本調子ではなかった、少なくとも「神々の黄昏」やTVでも放映されたバイロイトでの「トリスタンとイゾルデ」ほどの圧倒的な歌唱ではなかったが、それでも十二分以上に素晴らしかった。しかし、他の歌手たちはもっと素晴らしかった、凹みが無いどころか傑出した歌を聴かせてくれたと言っても良く、歌手だけに限れば今年見聞きしたオペラのハイライトと言ってよい。そういえば、テオリンのドイツ語の発音が変だから嫌いだとか高言していた老人がいたが、1幕、2幕中いびきをかいて寝る御仁にそのようなことを言う資格などない(かの御仁は、帰宅途中でレクター博士にでも誘拐されても仕方ないだろう)。

演出・美術・照明は私個好みである、というより直前にティーレマンの振ったバイロイトの非常にひどい演出・美術・照明をみたこともあろうが、ほぼ十全である。当初、青白い月を真っ赤な月に変貌させたのは何故だろうか、20世紀に作曲された別の悲恋?物語への参照だろうかと思っていたが、あれは昼の象徴の太陽であることに気づく。だから第3幕は赤から青白く、そして「死の扉を昼の世界のイゾルデが開く」時には赤くなり、最後は沈んでいくのだ。
物見の塔が、まるでコーンウォール半島に多く残されているかつての錫精練工場の煙突のようにみえたり、マルケ王がLoad of the Ringの灰色のガンダルフを思い起こさせたのは、御愛嬌であろう。

大野の指揮は、かなりドラマチックであったと思われる、思われると書いたのは彼の意図がどの程度オーケストラにくみ取られたかが不明だからだ。

問題は、オーケストラだ。はっきり言って東京フィルハーモニーがここまで「ド下手」「素人集団」だとは思ってもいなかった。通常オーケストラが凡演した場合の責任は指揮者にある。しかし、本日に限っては大野氏の責任とは言い難い。随所で金管・木管は外しまくり、ソロには色気も静謐さも緊張感もなく、それぞれの楽器グループ内部でも、あるいはグループ同士でも聴きあって演奏していないとしか言いようがないほどに音がバラけてマスとして響いておらず、一方ライトモチーフを演奏していてもどうもそれとして認識していないようである。さらにピッチが狂っている奏者がソロで演奏するので聴いている方が不快で気が狂いそうになってしまった。個々人の技量が低レベルでは、どんな指揮者でも如何ともしがたいであろう。
読売日本交響楽団でヒンデミットの「午前7時の湯治場の井戸端で2流の奏者たちが初見で演奏したさまよえるオランダ人」の弦楽合奏版を振る指揮者の下野氏には、本日の東京フィルハーモニーの演奏を是非参考にして欲しいと思うのであった。でも3流の演奏では2流の参考にはできないか。


二度と東京フィルハーモニーをピットに入れて欲しくないSt. Ivesでした。歌手の声が直接響き渡ってオーケストラの音をかき消すような座席でなかったら1幕途中で帰ったかもしれない。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
人それぞれ
こんな記事もありました。
http://concertdiary.blog118.fc2.com/blog-entry-893.html
Re: 人それぞれ
どうも、これから仕事で使う記事を探しにWEBアーカイブに行こうかと思っているSt. Ivesです。

通りすがりさん今晩は。

> こんな記事もありました。
> http://concertdiary.blog118.fc2.com/blog-entry-893.html

まあ、人それぞれ色々な耳と経験と嗜好をお持ちでしょうし、東条先生には業界でのお立場もあるでしょうから、単なる趣味人としては遠くでほほ笑みながら読ませてもらっています。


東条先生の次回のコヴェントガーデン来日公演の感想が楽しみなSt. Ivesでした。今回の来日公演分はあっという間に削除されていたからなあ。耳の確かで信頼できる知り合いから聞いた公演の模様と一致していたので、真実であろうと思うことが書かれていたのになあ。
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/593-5406a4a4

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。