4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.30 Thu » 「20世紀を語る音楽」読了

どうも、菊池裕介の弾くベートーヴェンのソナタ集第2巻Monumentalを聴き終えたSt. Ivesです。指が回って仕方ないという感じ。ブロウティガムやグールドの演奏同様に面白かった。


さて、本日「20世紀を語る音楽」(みすず書房)上下2巻を読了。すでに、片山氏や奥泉氏が書評を書いており付け加えることはあまりないが、劈頭のトーマス・マンの「ファウスト博士」の言葉が最後まで通奏低音のように鳴り響いている感じ。また、シェーンベルクとその後継者達のウエイトが低くなり、相対化されているが、結局はそことの距離で語るしかまとめようがなかったんだろうなあという感じも受けた。

著者はアメリカ人だと思うが、ポリティカル・コレクトという視点もあってかアフロ・アメリカンの音楽・音楽家についてかなりのいページを割いており、そのあたりを知らない身には興味深かった(でも聴く気は起きなかった)。そして、ブリテンの記述がかなり厚く(まあ、彼の同性愛とか少年愛については作品理解の必須であるとは思えんので、どうでもいい記述のような気がするけど)、またコープランドについても結構厚く記述している(しかし、R.シュトラウスに関する記述が実は一番厚いような気がする。彼は20世紀前半を生き抜いたからなあ)。


一方、記述の限界は、20世紀にはアメリカ人作曲家は重要なんだという感じは受けるのに、イタリア人の作曲家はいなかったような印象を受ける点。それほどにイタリア人作曲家の影が薄い。ダラピッコラ、べリオ、ノーノはちらと登場するのだが、他はどこに書かれていた?という感じ。また、ムッソリーニの音楽政策は、ヒトラー、スターリンのそれと比較すると極めて薄い(レスピーギ、マスカーニ、カゼッラのファシスト政権への協力振りには殆ど触れていない<シュトラウスのそれと比較すると皆無と言ってよい。まあ、それほど重要な作曲家ではないという判断なのだろう>。一方、ダラピッコラが当初のファシスト政権に熱狂していたことは記述している。英語で出版された幾つかの伝記にも書かれていたなあ)。また、アジア系も、タケミツを含めて記述量は非常に少ない。それは別の著作で読者自身が埋めればよいということであろう。


譜例が載っていればさらに良かったのだが、それはWEBで聴けるから良いでしょうということなんだろう。でも主として仕事の行き帰りに読む人間にはWEBの利用は無理なんだけど(さらに地下鉄利用者だし)。



これから、Gösta Neuwirth(1937年生まれ)の作品集でも聞いても見ようかと思うSt. Ivesでした。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/594-87473ddf

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。