4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.13 Wed » 始まる、負ける、がっくりする

どうも、何故「リア王」の映像はないのだろうか?と思いつつ「メディア」をまた見ようかと思っているSt. Ivesです。「メディア」といってもライマンのオペラですけど。ARTHAUSから出ているミヨーのオペラ「クリストフ・コロン」のDVDもどこか輸入してくれないかな(FNACでこれ1枚だけ買うのもなあ)。

ということですったもんだの末ようやく開幕、ということを帰宅してつい先ほど気がつく。そして横浜にサヨナラ負けしたことも...。前進守備をあざ笑うかのような打球であった、普通の守備位置だったら何の問題もなかっただろうに。ため息が出る。


シノーポリのCDがSHM化されるというのでまた散財することになったSt. Ivesでした。それにしてもVPOを振ったシューマンの交響曲第2番が対象外なのは何故だ?まさかシングル・レイヤーSACD化が予定されているのであろうか?

スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
吉見・チェンの左右2枚看板がいないのも不安ですが、浅尾の調子もどうやらかーなりイマイチで、コレは、、、でした。一方、我がライオンズは、あにはからんやダルビッシュ粉砕で爆勝! いい滑り出し。
にしてもシノーポリのシューマン、SACDだったら嬉しいけれど、、、その可能性はゼロに近いかも。。。
中日 
どうも、本日もフラフラでようやく勝ってほっとしたSt. Ivesです。

> 吉見・チェンの左右2枚看板がいないのも不安ですが、浅尾の調子もどうやらかーなりイマイチで、コレは、、、でした。一方、我がライオンズは、あにはからんやダルビッシュ粉砕で爆勝! いい滑り出し。

そうなんですよ、投手がいなければ始まらない、折角投手戦がみられるボールに変更されたというのになあ。

> にしてもシノーポリのシューマン、SACDだったら嬉しいけれど、、、その可能性はゼロに近いかも。。。

いや、念ずればきっと出る、と思ったが、没後10年で出されないとなるとなあ...。

古書店でふと手に取った講談社の「人類の知的遺産」シリーズの帯の文句に絶句したSt. Ivesでした。「この一冊で思想と生涯と名著のすべてがわかる本」...。
初勝利おめでとうございます!、、、と言いつつ、中田でコレだとコワいですねえ。。。まあ吉見とチェンは、重症ではなく早期復帰予定ですので、盤石の投手王国復活は時間の問題ではありますが、それまでの踏ん張りが重要そうですねー。

シノーポリはねえ。折角の機会なんだから、もっといろいろ出してくれよ、というかなんというか。

>古書店でふと手に取った講談社の「人類の知的遺産」シリーズの帯の>文句に絶句したSt. Ivesでした。「この一冊で思想と生涯と名著のす>べてがわかる本」...。

、、、。すべてがそんな簡単にわかったら誰も何の苦労もせん、っつーか研究者いらんだろ、ですよねー(苦笑)。誇大広告もここまで来るとお笑いの域だなあ。
はて、まだオープン戦が続いているような...
どうも、そんな気がしてしょうがないSt. Ivesです。

> 初勝利おめでとうございます!、、、と言いつつ、中田でコレだとコワいですねえ。。。まあ吉見とチェンは、重症ではなく早期復帰予定ですので、盤石の投手王国復活は時間の問題ではありますが、それまでの踏ん張りが重要そうですねー。

すでに踏ん張れないことが証明されてしまいました...。


> シノーポリはねえ。折角の機会なんだから、もっといろいろ出してくれよ、というかなんというか。
>
> >古書店でふと手に取った講談社の「人類の知的遺産」シリーズの帯の>文句に絶句したSt. Ivesでした。「この一冊で思想と生涯と名著のす>べてがわかる本」...。
>
> 、、、。すべてがそんな簡単にわかったら誰も何の苦労もせん、っつーか研究者いらんだろ、ですよねー(苦笑)。誇大広告もここまで来るとお笑いの域だなあ。

いやあ、これには驚きました。まさにこれこそいけいけどんどんの時代の日本だったのでしょう、ちょっと見習わねばいかんなあ、とは思いませんでしたけど(笑)。

大体本を書いていないソクラテスとかはどうすんねん、と思ったSt. Ivesでした(書いたのはプラトンとかクセノフォンでありましょう)。

中田はもっとやれる子だと思ってたのにー。まあ夏場に向けて調子上げていくだろうとは思いますが。


>いやあ、これには驚きました。まさにこれこそいけいけどんどんの時>代の日本だったのでしょう、ちょっと見習わねばいかんなあ、とは思>いませんでしたけど(笑)。

むかしむかし、岩波の「講座哲学」がバカ売れした頃のノリ、あるいは現代思想の遭難者たち、じゃなかったこれはいしいひさいちだ、冒険者たちのノリなんでしょうなあ。

そしてアレも講談社だったのであった、の巻(完結)、ぬわんつて(爆)

>大体本を書いていないソクラテスとかはどうすんねん、と思ったSt. >Ivesでした(書いたのはプラトンとかクセノフォンでありましょ>う)。

ソクラテスはどーにもなんないですねー。自分でなーんにも書いてないで、弟子たちが伝える姿しか伝わってませんから。個人的には、ソクラテスは愛すべき天の邪鬼、という親近感がミョーにあります(笑)。
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/622-921748a5

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。