4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.17 Sun » ダブルヘッダー

どうも、疲れ果てて戻ったSt. Ivesです。ということで本日の顛末をば。


4月17日 午後3時開演 HMKホール
サー・ロジャー・ノリントン指揮 NHK交響楽団

<曲目>
エルガー:エレジー
ベートーヴェン:交響曲第1番
エルガー:交響曲第1番

原宿駅から歩いて行くと、いやに代々木公園に犬が多い、と思ったら代々木公園とNHKホール前の道路でワンワン・フェスティヴァルと確か銘打って犬愛好家や犬関連グッズ・サービスの一大催事が行われていまして、多くの飼い主がかわいい愛犬を連れて集っていました。ボルゾイが欲しいなあ。

さて、そんな犬騒を抜け出て、ホールへ。開演し楽団員が集うと弦楽器だけ。これはサー・ロジャー、ベートーヴェンの1番を弦楽器だけで演奏するつもりか?とは思わず、ここでもG線上のアリアかな?と思っていると、サー・ロジャーがいつもの口調でスピーチをし、コンサートを震災の被害者にささげること、エルガーのエレジーを演奏するとのこと。エルガーのエレジーを実演で聞くのは多分初めてだと思いますけど、しみじみとした曲でありました。

引き続いて第1ヴァイオリンを5プルトに減らして演奏されたベートーヴェンの1番は雰囲気一変で、交響曲「太鼓強打」という感じでとても楽しい。1楽章が終わると、サー・ロジャーは指揮台上でヨロヨロしていましたが、何のパフォーマンスかは分からず。そして第4楽章も盛大に太鼓(ティンパニ)が打ち鳴らされ、トランペットが吠えまくって終わった瞬間、こちらをくるりと向いて両手をバーっとばかりに広げて場内大爆笑。あなたは岡本太郎か山田一雄か?という感じ。

続くエルガーの交響曲はCD並みに快速で飛ばす、特に第4楽章コーダ部分の軽快さは特筆もので、楽しく明るい気分で終わりました、でそのまま帰っていれば来週も元気にやろう!という気分だったのですが、ダブルヘッダー第2戦ということで、途中タワー渋谷に寄りつつ、サントリー・ホールに向かいました。


4月17日 午後7時開演 サントリー・ホール

ギドン・クレーメル(vn)
ギードゥレ・ディルバナウスティカ(vc)
ヴァレリー・アファナシエフ(pf)

<曲目>
シュニトケ:ショスタコーヴィチ追悼の前奏曲 ヴァイオリン独奏とテープ
バッハ:シャコンヌ BWV1004より
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第3番ニ短調 op.108
ポリェーヴァ:ガルフ・ストリーム バッハ、シューベルト、グノーの主題によるヴァイオリンとチェロのための二重奏曲
ショスタコーヴィチ:ピアノ三重奏曲第2番ホ短調op.67

(アンコール)
ペルト:半音階
シューマン:6つのカノン風小品から第3曲

アンコール2曲目は、クレーメルが案内する前にアファンシエフがピアノを弾きだしてしまい、クレーメルが苦笑していました。

本日のアークヒルズは月に一度の電気点検日ということでレストランやショップのある建物が全館お休みで真っ暗のため、そうでなくても節電中で暗いのにさらに暗い。そして本日の曲目も暗い曲が多いので帰り道は余計に暗く感じたのでした。

それにしても重い重い演奏会でありました。豊かな残響を伴った骨太の音でぐいぐいと弾かれたシャコンヌは立派でしたが、激情溢れるブラームスの3番ソナタ、そして不気味さと理不尽さに対する怒りを伴ったかのようなショスタコーヴィチの2番トリオの演奏にノックダウンされました。特にショスタコーヴィチは、そもそも週末の夜に聴く曲ではない(じゃあ一体いつ聴けば良いのか?)、そんな曲をさらに重く弾かれたのではねえ、最後に一瞬だけ明るい曲調に転じて終わるのですが、殆どそれは濃い霧を通してみた幻の太陽の一瞬の光のようなもので、どこを切っても荒涼とした風景の中でのリア王の叫びを聞くような演奏でありました。ポリャーヴァの曲は、グノーのアヴェマリアをチェロとヴァイオリンに割り振ったと言うと怒られるかねえ、まあある種の清涼剤になってくれましたけど。

ということで、もう寝ます。おやすみなさい。


スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/625-ba0fd20d

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。