4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.12.31 Sat » とりあえず今年もお終い

お昼過ぎに起きて部屋の片付けをする。

フルトヴェングラー指揮バイロイト祝祭管による第九を聴く。新スピーカーで初めて聴いて、こんなにもっさりとした演奏だったかと唖然としていたが、4楽章に入って俄然面白くなる。その後、フォン・オッターが歌い、ナガノがLSOを指揮したマーラーの「大地の歌」の「告別」だけを聴く。

引き続いて家族とどこかで食事でもと新宿に出かけたら、飲み屋以外でここぞというところはどこもかしこも午後8時までというので閉口。
ロンドン時代を除いて、物心が付いてから我が家では年末年始は家で過ごすことにしているので、大晦日の街中がどうなっているか知らなかったとはいえ、こういうときこそ集客のチャンスだと思うのだが、とブツブツと文句を言っても始まらず、高島屋内のイタリアンで夕食。1時間ちょっとしかなかったが、結局きちんと食べてしまった。

帰宅してTVを付けたら紅白、ちょうど吉永小百合による詩の朗読が始まったところで、その後のまっさん、森山良子と聴いてから部屋に戻る。

とりあえず今年最後に聴く曲は、オイストラフとムラヴィンスキーによるショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番になりそうな感じ。

スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/64-8b2ebf71

フルトヴェングラーの「バイロイトの第9」、オタケン盤

 前も書いたけど、私はこの曲が苦手です!!。 蒸気機関車で無理矢理新幹線の時速270キロをやろうとしている見たいなそういう「根性、根性、ど根性」みたいなの鼻につきます。 こんなキチガイみたいな音楽を、思いっきりキチガイを強調したようなフルトヴェングラーで聴
09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。