4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.10

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.06.26 Sun » WFの非圧縮SACD 

どうも、これからようやく届いたB.A.ツィンマーマンの初期作品集(WERGO)でも聴こうかと思っているSt. Ivesです。


さて、ユニヴァーサルが、フルトヴェングラーの幾つかの録音をシングルレイヤーで非圧縮のSACDとして売り出したので、ちと高いのですけど、次の2枚を購入。

WF_SCHUMANN_4.jpg
フルトヴェングラー指揮 BPO シューマン 交響曲第4番、マンフレッド序曲

WF_Bee_5.jpg
フルトヴェングラー指揮 BPO ベートーヴェン 交響曲第5番、エグモント序曲、大フーガ

すでに出ているEMIのフルトヴェングラーのSACD盤同様に、音質はかなり変わります。SACDを聴いた後では、CD(高品質盤)の音が丸く、ベールの向こうで鳴っているような感じになるほど、生き生きと音が現前し、大フーガなど、非常にクリアに各ラインの動きが聞こえます、もっとも、第5番は、細かいミスが余計に目立って聞こえるのですが...。また、高音域に関しては、シューマンの録音では顕著な改善が聞かれる一方、ベートーヴェンの方は、戦後間もない放送用録音にもともと入っていなかったのか、シューマンほどは顕著な改善は感じられませんでした。
しかし、CDの方が聴き易い音にまとまっているようにも感じられ、中々に難しいところです(それにiPodにSACDの音は入れられないし)。とりあえず、先々WFのシューベルトとブラームスは購入する予定。シノーポリのシューマンの2番もSACDで出さないかなあ。



これがB.A.ツィンマーマン?と思いながらCDを聴いているSt. Ivesでした。とってもロマンティックな作風、これが後の「軍人達」へと変貌していくんだなあ。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/642-f7092bc4

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。