4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.08.10 Wed » 全部外れた!

どうも、藤枝守著「響きの考古学」(平凡社ライブラリー)を読み終えたSt. Ivesです。探していた古代中国の楽器「編鐘」についての情報は殆ど見当たらなかったけど(中国の音律についてはよく分かった)、全体的にはとても面白かった。私も手持ちの「平均律クラヴィーア曲集」の楽譜にグルグル模様を描いてみようかなとか、アルノルト君の「5つのピアノ曲」をミーントーンで演奏したらどうなるだろうかとか考えてみたり、ブリュッヘンは、べリオの「レンダリング」を指揮したとき、アンサンブル・モデルンと18世紀オーケストラのそれぞれにどのような音律を指示したのだろうかといった疑問が湧いたりしたのでした(まあ、音律どころかピッチの違いが凄かったけど)。


それはともかく、WAVE倒産のニュースに80年代は遠くなりけりと思っていたのですけど、解散決定の「第三舞台」の秋公演のチケットの抽選にすべて外れてしまい、がっくりしつつ80年代よ本当にさようならという感じ。これでもう第三舞台を見る機会は失われたわけだなあ、やはり初日・中日・最終日という競争率の高さベスト3にチャレンジしたのが間違いだったなあと思いつつ、明日からYAHOOオークションのチェックをするつもり。


今度ピアノの調律をしてもらう時にはピタゴラス音率をリクエストしてみようかと思うSt. Ivesでした。ハノンですら妙なる響きで聞こえるか?
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/652-d36e8bd7

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。