4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.01.30 Mon » ようやく届く

どうも、ライヒのDiffrent Trains(演奏ディオティマSQ)を聴きながらのSt. Ivesです。この曲の名演奏の条件は何だろうかと思いつつも、直前に牧野雅彦「ロカルノ条約──シュトレーゼマンとヨーロッパの再建」中央公論社を読み終えたばかりでもあり、異なる歴史の歩みに思いを馳せるのでした。


 シュトレーゼマンというと、今や「のだめ」の指揮者の名前として知られ、少し年配のクラシック愛好家なら戦後のベルリンpo.のインテダントだったかなあと思うのでしょうけど、このシュトレーゼマンはそのおやっさんで、「レンテンマルク」導入決定時のヴァイマール共和国の宰相、そしてその後1929年10月3日に亡くなるまで一貫して外相を務めた人物。彼が1929年10月3日に亡くならず、せめてもう2年程長生きしていたら、同じ月に起きた大恐慌を受けたドイツの政治的混乱とナチスの台頭は何とか回避されたかもしれないのにと常々思うのでした。
 ただこれは、ニューヨーク連銀総裁であったベンジャミン・ストロングが前年1928年10月に亡くなっていなければ、大恐慌はあそこまで悪化しなかっただろうにというマネタリストの繰り言のようなもので、こうなった歴史を繰り返さないということしかないなあと思いつつ、昨今の状況をみると、ヘーゲルが「歴史哲学序説」で「人は歴史から何ら学ばない」と喝破したことは正しかったかもと思うのでした(これを受けたGBSの格言もありますけど、いずれにせよ人は歴史から学ばない)。
 しかし、歴史の一翼をつくるはずの公文書すら碌に残さない政府を持つ我が国では、そもそも学びようがありませんけどね。


ということで、暗澹たる中、一縷の希望のごとくカナダからようやくメルクリンのCS2他が届いたのでした。週末が楽しみでありつつ、はたして週末すら無事に来るのか、平穏であるのか?と思うのでした。


うーむ、書いている間に曲がバーバーのアダージョになってしまい、「めめんともり」と気分が暗くなったSt. Ivesでした。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/691-bf75ae75

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。