4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.10 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.12

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.02.18 Sat » カゼッラ2日目

どうも、ということで本日も堪能してきたSt. Ivesです。

昨日と大きく変わることはなし。2楽章の途中でチェロの藤森氏(だったか)の弦が切れてしまい、後ろの演奏者と交換していた。

マツーエフは相変わらずの剛速球ぶり(見た目も今は亡き伊良部を思い出すけど)。アンコールは2曲。1曲目はリャードフの「音楽の玉手箱」op.32から「おどけたワルツ」。やんやの喝采に応えて弾き始めたのは、マツーエフの「即興演奏」。ガーシュイン?と思っている内にジャズ・メドレーっぽくなり、それを昨日のグリーグのようにどんどん加速して盛り上げていって盛大に終わったのでした。面白かった。

4月にある、総統は依然としてお嫌いのご様子のアルミンクの振る新日po.によるカゼッラの「スカルラッティアーナ」が楽しみなSt. Ivesでした。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/694-bc010c39

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。