4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.03.23 Fri » インバル指揮 都響 ショスタコーヴィチ 交響曲第4番

どうも、マルケヴィチがBPOの振ったベルワルトの交響曲第3番(シンギュリエール)を聴きながらのSt. Ivesです。


さて、本日東京文化会館で催された標題のコンサートは、非常に素晴らしいものでした。SACDで売り出すには 吹き損じではなく明らかに音が違うところもあるなど、リハーサル分を用いながらかなり修正を要しましょうが、その場にいる者には非常に感銘深い名演奏でした。

インバルは速目のテンポ設定をとり、どこがどうと書き始めるとキリがないので止めますけど(、というよりもう疲れたので大きな楽譜見ながら確認する作業が面倒なだけですが)、この曲の造形や構築、音響的な面白さを前面に出し、キュビズム的なあるいはウルトラ対位法的な面白さを強調していました。人によっては、もう少し諧謔味があったり、ユーフォリア的なあるいはカーニバル的な要素、あるいは、第3楽章に聴かれ、交響曲第5番以降に顕著な重く深い叙事詩的な面が希薄な点に不満を持つかもしれませんけれど、圧倒的な迫力も伴っており、私は大満足して帰路につきました。


ということで全国2千人(推定)の第4ファンのみなさん、次回は東響のコンサートでお会いしましょう、さようなら、ごきげんよう!



ベルワルト(DG)が終わったので、これからファーニホウの弦楽四重奏曲第6番(NEOS)でも聴こうかと思うSt. Ivesでした。そういえば第5番は聴いていないなあ、ディスクがあったかな?
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/702-95fae2d0

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。