4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.05

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.06.05 Tue » ハーン@浜離宮

どうも、ここんところ体調が悪いSt. Ivesです。

とはいえ、「嘆きの歌」には2回行き(土曜日の方が良い演奏でありました。久方ぶりにアルミンクの指揮で感心しましたよ)、昨日の梶俊夫のピアノ作品を楽しんで(でも前座の中川は、他人に聴かせる作品ではない上に長かったらしかった。あの手の作品はカーゲルだけで十分だと思うのだが、えっコンセプトが違う?音楽は鳴っている音が全てですよ)、スカイツリーにものぼったし(眺めは素晴らしかったが、それよりも眼下の鉄道網を一望できる方が素晴らしかった。ちょうど千住に向かって、と書き始めると長いので止めます)と楽しんでおりました。

そして、本日は、ヒラリー・ハーン他によるリサイタル@浜離宮。すでにDGのCDを購入して頭を抱えてしまったとはいえ、ブルックナーの退屈な交響曲第8番がメインのお高いコンサートに行く気はせず、ご尊顔を拝しに、またチケット代はお布施だなと思って出発。

舞台にはちと古ぼけた感もあるピアノと幾つものスピーカー。ピアノ置くにリズムボックスかトーンコントローラーかディレイ装置か知らないが何かありました。で、当日は全曲即興ということでプログラムはなし。

取りあえず、よく眠れました。どうにもこの手のチープでイージーなヒーリング系の曲はダメです。それに即興といっても、うーむ、プリペアドピアノやエコーやディレイでごまかしているが、頭の中でデータベースがざーっと流れて、はい、この部分は誰の曲、この部分は誰の曲と鳴らしてくれるので、興醒めでありました。いっそプリペアドピアノを壊しつつ燃やせば、その時は、はい山下さんと出たか、一柳だよーんと出たか(その前に逃げ出すけど)。

ということで、まあお元気そうで、少しは生音も聴けたし、短いけどトークもあったしで良かったかと帰宅したのでした(アイドルのコンサートに行ったのか!)。


エマールが秋にアイヴスの2番ソナタを弾くのを楽しみにしているSt. Ivesでした。ライヴで聴けるのはアムラン以来だなあ。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
嘆きの歌の原典版は貴重ですね.一度聴いてみたいのですが、まだ機会が巡ってきません.秋のエマールはコンコードソナタに決まったんですか.CDよりも、ベルクとベートーヴェン熱情を組み合わせたヴィーンでのライヴを大切に持っています.ファンの母にチケットを買ってあげなければ….

というのはともかく、私も「お布施」をしてきました.ルートヴィヒスブルク音楽祭でのシェーファー、シューベルトとヴェーベルンを交互に演奏するプログラム.放送されます、という事で取りあえずお知らせまで(ケルンのDeutschlandfunk、CEST 7月5日21時~).
http://www.dradio.de/dlf/vorschau/

出来はD818・ヴェーベルンのゲオルゲ歌曲ともB.H.R.Shehadaによる管弦楽編曲が結構あれなものだったし、演奏もどうか、というところで、やはりギーレンの真似をするのは容易くはなし.さらに音楽祭冊子に使われているルートヴィヒスブルク宮殿の写真が全部シェーファーの撮影で(そういえば旦那さんは写真も撮る人でしたが)、全くジョークも手が込んでいるものです….

ついでに、シュヴェツィンゲンでのライマン・プロも放送されます(SWR2 CEST 6月22日13時~).ちょうどフィッシャー=ディースカウの亡くなった日でした.
http://www.swr.de/swr2/programm/sendungen/konzerte/-/id=659392/sdpgid=672476/nid=659392/did=9719920/yl9nts/index.html
Re: タイトルなし
どうも、M.F.さん今晩は

> 嘆きの歌の原典版は貴重ですね.一度聴いてみたいのですが、まだ機会が巡ってきません.秋のエマールはコンコードソナタに決まったんですか.CDよりも、ベルクとベートーヴェン熱情を組み合わせたヴィーンでのライヴを大切に持っています.ファンの母にチケットを買ってあげなければ….

「嘆きの歌」の原典版を聴くのは2度目です。1度目は日本初演でしたが、演奏はかなり崩れていて、ありゃりゃという感じでした。その日本初演のリベンジではないでしょうが、同じ組み合わせ、秋山指揮東響で「嘆きの歌」の原典版が今年また取り上げられます。今年の東響は、都響や新日の昨年から今年にかけてのあまり演奏されない大曲をあらためて取り上げるプロが目立ちます。「嘆きの歌」もそうですが、ファウスト交響曲やショスタコーヴィチの交響曲第4番も予定されています(すでにスクリャービンの交響曲第2番のプロもありました)。4番を年に2度も聴ける機会もあまりないので、嬉しい限りではありますが。

エマールのプロは、2日間あり、初日がクルターク:「遊戯」より数曲、スプリンターズop.6、シューマン:色とりどりの小品op.99、ドビュッシー:前奏曲集第1巻。2日目が、ドビュッシー:前奏曲集第2巻、アイヴス:ソナタ第2番です。まあ、ドビュッシーイヤーなので、前奏曲集がやたらめったらあちこちで取り上げられますが、アイヴスのソナタとの組み合わせは、毛色が全然違うので聴きものと思われます。


> というのはともかく、私も「お布施」をしてきました.ルートヴィヒスブルク音楽祭でのシェーファー、シューベルトとヴェーベルンを交互に演奏するプログラム.放送されます、という事で取りあえずお知らせまで(ケルンのDeutschlandfunk、CEST 7月5日21時~).
> http://www.dradio.de/dlf/vorschau/
>
> 出来はD818・ヴェーベルンのゲオルゲ歌曲ともB.H.R.Shehadaによる管弦楽編曲が結構あれなものだったし、演奏もどうか、というところで、やはりギーレンの真似をするのは容易くはなし.さらに音楽祭冊子に使われているルートヴィヒスブルク宮殿の写真が全部シェーファーの撮影で(そういえば旦那さんは写真も撮る人でしたが)、全くジョークも手が込んでいるものです….

いやはや、奇をてらわずにすればよいのにねえ。管弦楽編曲版どころかヴェーベルンの歌曲も来日公演で取り上げられることは全く期待できないので、聴けるだけ羨ましいです。お布施としては十分御利益があったというところではないでしょうか。

>
> ついでに、シュヴェツィンゲンでのライマン・プロも放送されます(SWR2 CEST 6月22日13時~).ちょうどフィッシャー=ディースカウの亡くなった日でした.
> http://www.swr.de/swr2/programm/sendungen/konzerte/-/id=659392/sdpgid=672476/nid=659392/did=9719920/yl9nts/index.html

DFDは師匠のひとりでしたっけ。我が家のPC録音ソフトは上手く動かないからなあ、寝ずに聴くかな。


では、また

St. Ives拝
エマールの曲目ありがとうございます.前奏曲第2巻+コンコードはちょっと重いですね.ブリュッセルでも第2巻弾きますが、ホリガー:エリスとシューマン交響的練習曲(遺作変奏付)との組み合わせ.後者はちょっと技術の低下が心配であります.

> ヴェーベルン
今度の来日公演でも組まれていますよ、ゲオルゲの七つの環による歌曲.前回の来日でも取り上げたらしく、しかしシェーファーがこれ以外のヴェーベルン歌曲を歌っているのもほとんど見たことがない…(エマールとOp.25を演奏していますが、それ位).
七つの環→第七の環(Der Siebente Ring)でした、失礼….
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/710-120d80b8

まとめtyaiました【ハーン@浜離宮】

どうも、ここんところ体調が悪いSt. Ivesです。とはいえ、「嘆きの歌」には2回行き(土曜日の方が良い演奏でありました。久方ぶりにアルミンクの指揮で感心しましたよ)、昨日の梶俊夫のピアノ作品を楽しんで(でも前座の中川は、他人に聴かせる作品ではない上に長かった...
09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。