4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.08.24 Fri » 旅行中@越後妻有

どうも、大地の芸術祭2012を見に十日町をはじめとする越後妻有(えちごつまり)に行っているSt. Ivesです。

バスツアーなので楽勝かと思いきや、朝5時起きのうえ、当地も東京並に暑く、まわるのは結構疲れました。
なお、23区を上回る広さの場所に作品が散らばっているので、全部見て回るのを諦めています。
本日白眉はボルタンスキーとオペラ演出家のカルマンが組んだ「最後の教室」でした。寒々とした作品です(会場は暑かったのですけどね)。

明日も回る予定のSt. Ivesでした。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
こんにちは.この芸術祭は初めて知りましたが面白そうなものをご覧になっていますね.ジャン・カルマンは照明のディレクターだと思います(一昨シーズンマドリード・アリーナで観た《アッシジの聖フランチェスコ》の照明も彼だった.しかし、照明そのものより天蓋の隙間から差し込む日没前の陽光の方が印象的でしたが).

ところで既にご存知かも知れませんが、ザルツブルクでの《アリアドネ》の録画がmedici.tvで見られます.初演100周年だからと初版をベースにしているので、年末ヴィーンでの再演時には演出し直すのでしょうが、そのわりには改訂版のプロローグと折衷しベヒトルフが色々と手を加えた(語り手としてホフマンスタールが出てくる…)中途半端なversionです.
http://www.medici.tv/#!/ariadne-auf-naxos-2012-salzburger-festspiele-sven-eric-bechtolf-daniel-harding
Re: タイトルなし
M.Fさん今晩は


> こんにちは.この芸術祭は初めて知りましたが面白そうなものをご覧になっていますね.ジャン・カルマンは照明のディレクターだと思います(一昨シーズンマドリード・アリーナで観た《アッシジの聖フランチェスコ》の照明も彼だった.しかし、照明そのものより天蓋の隙間から差し込む日没前の陽光の方が印象的でしたが).

私も今回が初めてでしたが、すでに15年(5回)の歴史を重ねているとのことです。
ジャン・カルマンはおっしゃる通りです、「最後の教室」にカルマンの紹介記事があり、その中にある幾つかのオペラ演出の写真の中に「アッシジ」もありました。「最後の教室」は照明が重要なので、彼のウエイトはかなり高いと思います。
>
> ところで既にご存知かも知れませんが、ザルツブルクでの《アリアドネ》の録画がmedici.tvで見られます.初演100周年だからと初版をベースにしているので、年末ヴィーンでの再演時には演出し直すのでしょうが、そのわりには改訂版のプロローグと折衷しベヒトルフが色々と手を加えた(語り手としてホフマンスタールが出てくる…)中途半端なversionです.
> http://www.medici.tv/#!/ariadne-auf-naxos-2012-salzburger-festspiele-sven-eric-bechtolf-daniel-harding

これは知りませんでした。これから観てみようかと思います。



comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/717-124f098e

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。