4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.08

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.10.14 Sun » 宗教的法悦コンサート2つ

どうも、「偶像の黄昏」を再読し始めたSt. Ivesです。「音楽がなければ人生は一つの誤謬となるに違いない」という一文だけでも読む価値がありますな。作曲家レーバーキューンの墓碑銘に書かれていなかったけ?


ということで、昨日、本日と宗教的法悦というか高揚感に満ちた作品のコンサートに行ってきました、
まずは昨日から

13日 午後6時開演 NHKホール
指揮:ロリン・マゼール
演奏:NHK交響楽団
独奏:ライナー・キュッヘル

チャイコフスキー:組曲第3番
グラズノフ:ヴァイオリン協奏曲
スクリャービン:交響曲第4番「法悦の詩」

チャイコフスキー、指揮も演奏も至極立派、で、曲が驚異的に退屈なことがかえって明らかになったのでした。交響曲第5番までの道は遠い。

グラズノフ、保守的作曲家と思っていたが、あにはからんや独奏ヴァイオリンには、ブゾーニ、ヴィシネグラツキーあるいはアロイス・ハーバーもかくやという微分音程満載のパートを割り当てていたとを初めて知ったのでした。グラズノフがロシア革命前夜のロスラヴェツら未来派・ロシアヴァンギャルドの音楽も真っ青の作品を創っていことを知らず、私の不明を恥じ入るばかりです。これならきっと「サロメ」ですら優雅に聞こえるに違いない(なので、ヴィーン国立歌劇場来日公演のチケットを買わなくて良かったと思ったのでした)。

スクリャービン、素晴らしい、実演でもCDでもピンとこなかった作品だが(3番は好きなんだけれど)、機能的に様々な響きを聴かせながら、高揚感、恍惚感、官能に満ちた演奏でありました(変態的ということはなかった)。やはりトランペットが素晴らしかったのは書いておかねば。BSで放映されるので録画しておかねば。


14日 午後3時開演 武満メモリアル
指揮:鈴木雅明
演奏:BCJ他

メンデルスゾーン:オラトリオ「パウルス」

「パウロの回心(改心?)」のパウロのお話。リリングの演奏しかCDでは持っていないが、やたら合唱が盛り上がる作品だなあという程度の認識で行った。美しい作品ではあるが、メンデルスゾーンの作品にしては、ちとくどいなあと思いつつ、合唱・独唱の妙に感じ入っていたのであった。もっとも、その宗教的内実には私は全く入り込めず(「回心」自体が左側頭葉てんかん発作の一種ではないかと仄めかすヒンズー教徒の脳科学者もいたなあとか聴きながら思っていたのだ)、所詮私は異邦人であることもよーく分かったのでした。

ということで、「偶像の黄昏」を読み終えたら、そのまま「アンチクリスト」に突入する予定のSt. Ivesでした。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
ううむ、グラズノフがそんな曲なら聴いてみなくては.

《法悦の詩》の良い実演、羨ましいですね.半年ほど前にロンドン響とブーレーズ代役のエトヴェシュ指揮で聴きましたけれど、ガンガン飛ばす筋肉質な演奏で、速すぎてトランペットの動機が毎回ほとんど聞こえませんでした(落ちてたかも).ドビュッシー・シマノフスキ含め、意外と彼にも得手不得手はあるんだ、と実感.新旧GMDがキャンセルして「普段のヴィーン」になってしまった来日公演は、あのチケット代を出して聴く価値はあったのだろうか….

もうすぐエマールの来日と思いますが、こちらでは現在ブレーメン・ドイチェカンマーフィルとのツアーでリゲティのピアノ協奏曲を「指揮」しておられます.これが、意外と面白かったです.
Re: タイトルなし
どうも、マゼールのヴァーグナーから戻ったSt. Ivesです。かなりゆっくりとしたテンポでしたがだれることのない演奏でした。

> ううむ、グラズノフがそんな曲なら聴いてみなくては.

ハハハ。


> 《法悦の詩》の良い実演、羨ましいですね.半年ほど前にロンドン響とブーレーズ代役のエトヴェシュ指揮で聴きましたけれど、ガンガン飛ばす筋肉質な演奏で、速すぎてトランペットの動機が毎回ほとんど聞こえませんでした(落ちてたかも).ドビュッシー・シマノフスキ含め、意外と彼にも得手不得手はあるんだ、と実感.新旧GMDがキャンセルして「普段のヴィーン」になってしまった来日公演は、あのチケット代を出して聴く価値はあったのだろうか….
>

以外にペーター・シュナイダーなので、ヴィーンの通常公演っぽくて良いのではないかと思ったりもしています(良いオーケストラからは良く、悪いオーケストラもそれなりにという感じです)。もっとも、高いので行く気にはなれませんけど。

> もうすぐエマールの来日と思いますが、こちらでは現在ブレーメン・ドイチェカンマーフィルとのツアーでリゲティのピアノ協奏曲を「指揮」しておられます.これが、意外と面白かったです.

「指揮」?あの曲でどうやって?映像が欲しいところです。

ではまた
> 「指揮」?あの曲でどうやって?映像が欲しいところです。

言葉足らずでしたが、ピアノ独奏はお弟子さんのタマラ・ステファノヴィチです(エマールは指揮だけ).
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/726-f41c9545

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。