4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.10.28 Sun » ヘンツェ逝く

どうも、NAXOSから出たカゼッラ作品集第5弾を聴いてほほ笑んでしまったSt. Ivesです。1曲目のSuite in C major op.13の第1曲目は、マーラーの作品からパクった?という感じで、第3曲はシベリウス作品からパクった?という感じ。その後のWar Pages op.25bisはイタリア風「鉄工場」あるいは「鋼鉄の歩み」と、カット&ペースト作曲家アンタイルの向こうを十分に張れます。


さて、今朝の新聞にヘンツェ死去のニュースが掲載されていました。1920年代生まれのいわゆる西ヨーロッパ戦後前衛音楽の時代を彩った作曲家がまた一人いなくなりました。彼の作風については、正直私には良くわかりません。折衷様式と評するものも見た覚えがありますが、そうした分類や評論は学者にまかせて、個人的な思い出話を。

最初にヘンツェの作品を聴いたのは、今から25年前、大学生のころで、作品は「トリスタン」でした。ピアノとテープとオーケストラによるなんとも言い難い音楽が続く中、突如ブラームスの交響曲第1番が流れてきてびっくりしたことを覚えています。それをきっかけにWERGOの弦楽四重奏曲集やオペラ、DGから出された作品集を聴き、また実演にも足を運びました。

そうした中では、交響曲第10番のベルリン初演(ラトル指揮BPO)に際して、鼻息のとても煩い人がいて鑑賞の邪魔だなあと振りかえったら、作曲家本人だったのも懐かしい思い出です。

彼の作品の中では、オペラ「若き恋人たちのためのエレジー」、オペラ「バッカスの巫女」、交響曲第2番、「レクイエム」そして「トリスタン」は好きな作品です。残念ながら後者3つの実演にはいまだ接していませんし、さらに「バッカスの巫女」は臨時編成の大野版@シャトレ座でした。生きている間にこれらの作品を実演で見聞きしたいものですし、聴かれ続けて欲しいと願ってやみません。

最後になりましたが故人の御冥福をお祈りします。

St. Ives
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/728-d8e5f617

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。