4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.11.25 Sun » D-Premier Air

どうも、20年ぶりにアンプを更新したSt. Ivesです。

2012112502.jpg
これを買いました。DEVIALET社のD-Premier Air。登場した時分からデザインに惹かれたものの、フランス製の電子機器ということと、聞いたことも無い回路設計に若干の危惧を感じていましたが、店で試聴したら実に良い。重さも7kg弱と軽いのにパワーは240Wもある。これなら我が家の802ノーチラスも楽に駆動するであろうと、プリメインアンプでありながら、他の並み居るパワー&プリアンプ達を押しのけて我が家にやってきたのでした。

23日に開封し、早速電源をON
2012112504.jpg
筐体は鏡面のように磨かれた金属ボディなので、写す自分も映っています。なお、電源ONすると、いきなり大音量にならないようにボリュームは-40dbがデフォルト値です。このボリュームの部分は、聞いている場所からは見えないので困っていたら、iPhoneのAPPでボリュームコントロールができるそうです(まだ試していない)。

さて、早速先日聞いたばかりのMTT指揮サンフランシスコ響のマーラーの5番で新アンプお披露目ガラ・コンサートの開始だ!と聞き始めたら、「この間の演奏と全く同じではないか、これなら聴きに行かなくてもよかった、かも」と思わせるほどリアルな音。音像も音場もばっちり決まっており、これまでは「良い演奏ではあるなあ」程度に聞いていたのが、一気に「超名演である」と格上げ。全然違う演奏になってしまいました。アンプ一つでここまで変わるとは思ってもいませんでした。

続いて、シェーファーの歌う「冬の旅」。これまた、クリスタルボイスにほんのりと声の柔らかさ、ふくよかさが僅かに入り、まさにこのとおりという感じで素晴らしい、少し高めの位置の音像を、そこにあたかもいるかのようなシェーファーの声に口をあんぐりあけて聞きほれてしまいました。そして、エマールの弾くアイヴスの2番ソナタでも聞こうと思ったところで、リアルの方のリサイタルの日だった!とトッパンホールに向かったのでした。

昨日は1日中外出で聞けず。本日は朝から新アンプお披露目ガラ・コンサート2日目を開催(聴衆は主催者発表で一人)。

・ムローヴァ独奏のバッハの無伴奏ソナタとパルティータ第1番
・ハーン独奏、ディヴィス指揮LSOのエルガーのヴァイオリン協奏曲(SACD)
・シノーポリ指揮 VPOのシューマンの交響曲第2番およびマンフレッド序曲
・アルテミスSQによるリゲティのSQ No.2
・エトヴェシュ指揮によるリゲティのレクイエム、アトモスフェール、サンフランシスコ・ポリフォニー
・エトヴェシュ指揮、オランダ放送響によるべリオのシンフォニア
・MTT指揮サンフランシスコ響によるアイヴスの祭日交響曲
・ブーレーズとシェーファーによるシェーンベルクの月に憑かれたピエロ
・ソコロフの弾くシューベルトのピアノ・ソナタ第21番D.960
・ラサールSQによるノーノの断章、静寂、ディオティマへ
・バーンスタイン指揮、LSOほかによるマーラーの交響曲第8番:第1部のみ(SACD)

と聞き続けまして、どれもこれも実に凄い。これまでいったい何を聞いていたのか?と思うほどの情報量がCDには詰まっていることを知り、SACDも、生生しさはひょっとしてデジタルでダイレクトに接続されているCDに劣るかも知れないと思いつつ、極めてしなやかなで広大な音場が鳴っている、まさにホールにいる感じ。それに、オーケストラを実演級の大音量で聞いても、全く歪み感やストレスが無いのでした(近所迷惑なのでそれほど大音量では聞かないようにしていますけど)。

なお、Mac経由のAirモードならばハイレゾ音源をダイレクトに再生できるそうで、そこでは一体どんな音がするのか?と思いつつも、その前に聞きなおさねばならないディスクが山のようにあり、当面はハイレゾ音源には手は出さない予定(Macも買わねばならないし)。

最後に聞いたバーンスタインのマーラーの8番は、30数年前に聞いた際、曲の異形さと演奏の異様な熱気に衝撃を受け、それがきっかけでクラシック音楽に嵌った思いで深い演奏ですが、当時は親から貰ったソノシート用のポータブル・レコード・プレーヤーでLP(図書館で借りた)を聞いていたことを思い起こして、ここまで来るとは技術の進歩は凄いものだと思ったのでした。なお、これだけ長時間電源を入れっぱなしで聞いたのに、アンプはほんのり暖かくなる程度で、これまたびっくり。

なお、鏡面仕上げなので?、白手袋まで付属品についています。
2012112507.jpg

また、軽いので持ち運びも楽!と言わんばかりに、袋も付属品。使うことはないでしょうけど。
2012112509.jpg


素晴らしい製品ですけれど、オーディオ的な問題が一つ。
2012112506.jpg

筐体が薄い上に、スピーカーケーブルのYラグ端子が下からしか填められない(いずれインシュレーターで足高にしておいてYラグを使う予定)ので、バイワイヤリングのために二重バナナプラグを新たに購入し、さらに我が家にはRCAラインケーブルがないため、SACD用にRCAのラインケーブル(アクロリンクの8N 2080III EVO)を購入。CDプレーヤーとはデジタル同軸ケーブルでつなぐのが良いとショップの人に言われたのでGoldmundの中古ケーブルを同時に購入。相応に出費しましたけど、極めて大満足(外れたら目も当てられなかった)。早く次の週末が来ないかな。

2012112505.jpg
ケーブルのせいで取り外されたままの端子部分のカバー



もうコンサートには行かなくてすむ!わけは無いなと思うSt. Ivesでした。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
おそるおそる値段調べてみたら、、、ガビーン∑( ̄Д ̄;)
また試聴しにお伺いしたいですわ、いやマジで。
Re: タイトルなし
川田さん今晩は(私はあっちの方がしっくりするのですけど...)

> おそるおそる値段調べてみたら、、、ガビーン∑( ̄Д ̄;)
> また試聴しにお伺いしたいですわ、いやマジで。

高いのは確かですけれど、20年間アンプ基金を積み立てていたと仮定し、かつ今後も10数年は使うことを考えると、そう高い買い物ではないと思います(乗らないけれど、車を買った気になればそうでもありません)。

それはともかく、お気に入りのCDを持って是非お越しを!あのシュークリームも待っています。あっ、食べずに聞き続けますね。

ではでは。

ソコロフの弾くゴルトベルク再発売が待ち遠しいSt. Ivesでした。
20年積み立て、、、うーむたしかに。自分も車乗らないので、車代、みたいなもんでしょうかね。
シュークリームは半蔵門のアレっすね、ラジャー!!!

にしてもソコロフはホントうれしいですねえ。来日してくれるともっとうれしいんですが。。。
Re: タイトルなし
どうも、ブーレーズの振った「海」(タワー・ソニー盤)を聞きながらのSt. Ivesです。ドビュッシーってそんなに好きじゃないんで、昔々渋谷にあったシスコクラシカルで買った分は売ってしまったのか見当たらず購入。

> 20年積み立て、、、うーむたしかに。自分も車乗らないので、車代、みたいなもんでしょうかね。

さいです。高速道路よりオペラハウスをという感じですよ(意味不明)。

> シュークリームは半蔵門のアレっすね、ラジャー!!!

いえ、近所のものです...。

> にしてもソコロフはホントうれしいですねえ。来日してくれるともっとうれしいんですが。。。

相応にお年だからねえ、向こうに聴きに行くしかないのではないかと思いますよ(でもチャンスがない)。
旧ソ連時代の録音では、ベートーヴェンのラスト4曲もあるのだが出ないのだろうか?29番はたまたま入手できたけど、30-32は聞きたいなあ(本当は新録が)。

では、訪問日等はおってご相談を(片づけをしないといかんし)。

明後日は埼玉会館にハーディングのハルサイを聴きに行く予定のSt. Ivesでした。
おいらはタメスティのバッハ・24bitスタジオ・マスターを聴きたくてqobuzに登録して、もうあれこれ聴きまくりでごんす。NMLより月額は高いけれど、24bitで新譜聴きまくれる、となると登録するしかないかも。。。時代は確実にフィジカルディスクからネットでのハイレゾ配信へ、みたいっすね。。。

で、ありゃ、近江屋のでしたか。でも今度は半蔵門のを! シュークリームもプリンも予約必須なんで無理だった場合は近江屋で(って、あそこのも十分旨いですが)。

ソコロフの29番は、ついこないだのパリライヴがトーシローの隠し録りでYoutubeにありますが、マジでちゃんと録音してほしい。。。モンサンジョン仕事しろ!!! 32はギレリスが聴きたかった(←しつこいw)

埼玉のハルサイはなかなかえがったようですね。CLADさんがいらしたようす。おいらは12月1日のチッコリーニで風邪をもらったようで今日も演奏会の予定だったのを中止、爆睡してなんとか復帰。。。
Re: タイトルなし
どうも、風邪気味のSt. Ivesです。


> おいらはタメスティのバッハ・24bitスタジオ・マスターを聴きたくてqobuzに登録して、もうあれこれ聴きまくりでごんす。NMLより月額は高いけれど、24bitで新譜聴きまくれる、となると登録するしかないかも。。。時代は確実にフィジカルディスクからネットでのハイレゾ配信へ、みたいっすね。。。

うーむ、でも物欲満点なのでディスクから離れられません。本も「紙」でないといやですし。

>
> で、ありゃ、近江屋のでしたか。でも今度は半蔵門のを! シュークリームもプリンも予約必須なんで無理だった場合は近江屋で(って、あそこのも十分旨いですが)。
>
> ソコロフの29番は、ついこないだのパリライヴがトーシローの隠し録りでYoutubeにありますが、マジでちゃんと録音してほしい。。。モンサンジョン仕事しろ!!! 32はギレリスが聴きたかった(←しつこいw)

「近江屋」ではなく近所のケーキ屋です...。

ソコロフ、なんと29番をいまだ弾いておりますか。これは聞きたかった。

> 埼玉のハルサイはなかなかえがったようですね。CLADさんがいらしたようす。おいらは12月1日のチッコリーニで風邪をもらったようで今日も演奏会の予定だったのを中止、爆睡してなんとか復帰。。。

ハルサイよござんしたし、チャイコの3楽章ってやっぱり変な曲(試み)だよなとあらためて思ったのでした。デッドなホールでいろいろと面白い試みをしていたのが非常によく聞こえました。CLADさんがいたのは気がつかなかったなあ(エマールの初日には来ていましたけど)。

我が家への訪問ですが、マヤ暦の超長期暦が一巡し、新たなる超長期暦が始まる2012年12月21日(現地時間)以降にでもしますか。それを祝して、まずはヒナステラの「ポポル・ヴフ」とレブエルタスの「センセマヤ」を聞きましょう。

それにしても暦をつくった古代マヤの人々もその時がくるとは思ってもいなかっただろうなあ。

ではでは
ソコロフは老けて見えるもののまだ62歳のようです(Wikipedia情報が正しいなら).

先日のTCEでのリサイタルを録音した強者がいるのか!と思って覗いてみたけれど、やはりあの光の陰から様々な色彩が漏れてくるようなピアニズムの感動はないですねえ…私の聴いたのはパリ公演ではないんですが.斑はあってもまだまだクリーンなテクニックで、勤勉に6曲40分のアンコール付き(最後が完璧な出来映えのバッハ/ジロティ編前奏曲とスクリャービンOp.57-1).1975年の演奏も、良い再生装置で聴いたら印象ががらっと変わったりするのだろうか.
Re: タイトルなし
どうも、夕方の地震には驚いたSt. Ivesです。ついに首都直下地震か?と思ってしまいました。

M.F.さん今晩は。
> ソコロフは老けて見えるもののまだ62歳のようです(Wikipedia情報が正しいなら).

確かに、ゴルトベルクのリーフレットにも書かれていましたが1950年生まれなので、まだ62才でした。


> 先日のTCEでのリサイタルを録音した強者がいるのか!と思って覗いてみたけれど、やはりあの光の陰から様々な色彩が漏れてくるようなピアニズムの感動はないですねえ…私の聴いたのはパリ公演ではないんですが.斑はあってもまだまだクリーンなテクニックで、勤勉に6曲40分のアンコール付き(最後が完璧な出来映えのバッハ/ジロティ編前奏曲とスクリャービンOp.57-1).1975年の演奏も、良い再生装置で聴いたら印象ががらっと変わったりするのだろうか.

欧州にいると日本に来ない演奏家をいろいろ聞けるのがうらやましい限りです。それほど素晴らしかったとは、ため息しかでません。ライブ録音のシューベルトのD.960を聞くとかなり雰囲気は出ますが、やはりライヴの持つ微細な光や影のつけ方までは至りません。

ちなみに、ゴルトベルクですが、やや硬いものの予想以上に良い音でした。演奏は若いだけあってバリバリと突き進むように弾いています。また、カップリングされているイギリス組曲第2番はゴルトベルクに輪をかけて驀進する演奏で特にジーグが鬼気迫る感じでありまして面白い。

とはいえ、最近の演奏のほうが良いです。ライブ録音をしてほしいですよ。


ではでは

これから明日の予習としてショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番でも聞こうかと思うSt. Ivesでした。
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/732-1bb2d359

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。