4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.01.26 Sat » ヒッグス粒子に乗って惑星ケプラー22bに行ったぞ!

どうも、ブラームス/シェーンベルク ピアノ四重奏曲第1番ト短調op.25(管弦楽曲版)を聞き終えたSt. Ivesです(演奏はラトル/BPO)。これのポケットスコアが全音から出るとは驚きましたよ。昔、お高い指揮者用スコアを買おうか悩んで思いとどまって良かった良かった。

ということで、本日は池袋までセーゲルスタム指揮読売日本交響楽団のコンサートに出かけましたので、その感想をば簡単に。

東京芸術劇場 午後2時開演

R.シュトラウス:交響詩「死と変容」
セーゲルスタム:交響曲第252番「ヒッグス粒子に乗って惑星ケプラー22bへ(世界初演)
シベリウス:交響曲第2番

指揮:レイフ・セーゲルスタム
演奏:読売日本交響楽団

今月最初のコンサートは、ジンマン指揮NHK交響楽団のマーラー7番の予定が、当日祖母が亡くなり、翌日の新日po.の「アルプス」も聞けず。19日の「未完成s」も葬式等の疲れで殆ど爆睡状態で、何かごっつい感じであったなあ程度にしか聞いていないので、事実上本日が今年最初にまともに聞いたコンサート。

とはいえ、「死と変容」には関心が無く、シベ2はたいして聞く曲ではなく(スコアを持っていないが、最終楽章のエンド部分、第1ヴァイオリンの上げ弓、下げ弓がテンデバラバラであったなあ)、当日はヒッグス粒子と惑星ケプラー22bにのみ関心が。

通常編成のオーケストラの下手と上手に蓋をはずしたピアノがおかれ、下手側のピアノ奏者はセーゲルスタム御大。指揮台は無人。舞台奥には多彩な打楽器群、その中にはマーラーの6番以外では殆どお目にかからないハンマーも。

曲は、執拗なファンファーレっぽい金管、弦楽器は時折の結構甘い旋律を奏で、それにズドンズドンと何回と無く打ち下ろされるハンマーをはじめとする打楽器群が合いの手(?)を入れる、さらに合間合間にはそこはかとなく左右のピアノの音色が盛り上がることもなく全体にドローンとした響きで25分間引っ張っていく。実演では、やはりハンマーがひっきりなしに叩かれているのが気になってしまう。曲調は十分寝られるのだが、目を瞑って聞くととっても心臓に悪いので起きて聞かざるを得ない作品(全く説明になっていないな)。コンサート・マスターが時々立ち上がって曲の進行を指示していたようだ。

なお、表題とは曲との関係は、ヒッグス粒子(場)発見(確認)と、太陽型恒星ケプラ-22のハビタブルゾーンで初めて見つかった地球型惑星の可能性があるケプラー22bに触発されたという程度。まあ浮遊感はそれなりにあったかもしれない。


これから、デュサパンのニーチェ歌曲集(?)でも聞こうかと思うSt. Ivesでした。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/740-a09f2873

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。