4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.07.06 Sat » 200周年

どうも、明日の予習中のSt. Ivesです。ブラッヒャーのコンツェルタンテ・ムジークとかペッピングのピアノ協奏曲とかフォルトナーの交響曲とか楽譜に書かれてもなあ、聴いたことが無いんだよなあ。

さて、その楽譜にトリスタンやジークフリート牧歌やヴァルキューレの騎行やらが引用されているヴァーグナーは今年が生誕200年、ということでどうするのかな?と思っていたらドイツで記念銀貨が発行されました。

wagner coin 1913

ドイツが東西に分かれていた1983年、旧東ドイツでは没後100周年記念コインは出されましたが、旧西ドイツでは未だタブーということか無視されていましたけれど、今やもうそれほど気にする必要はないということでしょうかね。
デザインは肖像そのまんまという実につまらない(旧東ドイツの記念貨がヴァルトブルクの歌合戦だったのにねえ)。個人的にはトリスタンとイゾルデ第2幕の前半部分のどこかを使って欲しかったなあ(マイスタージンガーの幕切れ近くのザックスの歌のシーンとかだったら、また論争が起きただろうけどねえ)。

銀価格高騰のため、品位が625/1000と低品位なのが残念だけでなく、ヴァイマール共和国時代の記念硬貨と同じ品位だったはずなんで、何か不気味だねえ。おっと、かの国よりも自国の先行きこそ考慮しなければ。

これからゼレンカの「エレミア哀歌」でも聴こうかと思うSt. Ivesでした。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/746-14a1a9e1

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。