4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.05

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.09.21 Sat » エベーヌSQ@ハクジュホール 9月21日 素晴らしい!

どうも、代々木八幡のセキグチ亭のタンシチューがすこぶるおいしかったなあと思い起こしているSt. Ivesです。

ということで簡単な感想をば

9月21日 ハクジュホール 17時開演
演奏:エベーヌSQ

モーツァルト:ディヴェルティメント ニ長調K.136
バルトーク:弦楽四重奏曲第4番
メンデルスゾーン:弦楽四重奏曲第6番

(アンコール)
エロル・ガーナ:ミスティ
ルーバインス:ミザルー(映画「パルプフィクション」テーマ)

 当初のプログラムでは、モーツァルトは変ロ長調k.137を予定していたが、上記に変更。もっとも、どんな曲だったっけ?という感じ(ニ長調はさすがに知っている)。

 この団体は録音を含めて初耳。バルトークの4番とメンデルスゾーンの6番という私にとってはすこぶる魅力的な取り合わせだったので、演奏団体は確かミュンヘン国際で優勝しているらしいので、まあそれほど間違いは無いだろうと思って出かけたら、これが極めて素晴らしかった。モーツァルトからして、輝かしく鋭い切れ込みの音でぐいぐいと進み、内声部も明瞭に聞かせる、愉悦感と生命力に満ちた演奏。

 続くバルトークは、そうしたモーツァルトの演奏に加え、第1楽章では若干粘るような音色も交え、第3楽章のリゲティのSQに連なるようなハーモニクスの幽玄さや最終楽章のアグレッシブでノリのよさは、かつて聞いたアルテミスSQに匹敵する演奏でありました。

 さらに、輪をかけて素晴らしかったのが、メンデルスゾーンの第6番。バルトークの続きかと思うほどの厳しい、しかし輝くしく深い音でこのメンデルスゾーンの「悲劇的」を突っ走っていくのですが、そうした中で悲しみに満ちた第3楽章、そして第4楽章のコーダでの第1ヴァイオリンの痛切な旋律を歌いに歌いに歌っておりまして、いやあ、実演でヘンシェルSQの演奏を上回るような演奏に出会うとは思ってもいなかった。

 パリのコンサートのように手拍子に応える形でアンコール、ミスティも良かったけど、「パルプ・フィクション」が面白かった。

終演後、サイン会もあり、CDに聴衆が群がっていました。私も買おうかなと思ったのですけど、こっそりHMVのネットショップをみたら600円程安かったので、そちらで購入することにしました。演奏家のサインには興味が無いので。

ちなみに、明日は別プログラムでありますが、殆ど売り切れているような感じ。


今晩は幸せな気分で眠れそうなSt. Ivesでした。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/752-05da8f2d

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。