4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.05

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.12.30 Mon » 壮大な曲?

どうも、色々あった今年も終わりに近づいたなあと感慨にふけっているSt. Ivesです。


今度入院する家人のiPodに入れる曲にマッケラス指揮のモーツァルトの交響曲全集にでもするかと1番、41番を流したところ、音楽は聞くがクラシックにそう詳しくない家人からは「パステルカラーな曲だ」という感想。今一つ良く意味がつかめないまま、次に何か聞きたいかと尋ねたら「ベートーヴェンのとても渋くて暗いの」とリクエストされた。
「では」と、購入したばかりのタワーレコード プレゼンツのラサールSQによる第14番をかけてみると、「そんなに暗くない」「何か言いたいことがあって、誰も分かってくれなくても構わないから言わせろ、という感じ」との感想であった。まあ、そうだなあと思いつつ「次は?」と尋ねると「壮大な曲、でも短いの」。

「壮大な曲」と言われて困ってしまった。雄大だとか、壮麗だとか、こけおどし的だと思いつくのだが、「壮大」というとどんなイメージだろうか、全く思いつかない。さらに「短い」となると一体全体どうしたものか。

仕方ないので、壮麗というイメージに近いエルガーの交響曲第2番の第4楽章(シノーポリ指揮PO)をかけてみた。

終わって感想を聴こうとしたら、家人は寝ていた。どうやら、「壮大」ではなかったようだ。



ベートーヴェンの29番ソナタだったかなあ、と今は思うSt. Ivesでした。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/755-46d3b975

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。