4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.04.17 Thu » 雑談

どうも、サンバガエルの悲劇かルイセンコ学説の悲劇(バビロフ側か、誤った学説を採用して農業が崩壊したソヴィエト側のいずれかは知らないが)になるのかねえとSTAP細胞騒動を眺めているSt. Ivesです。先日の新日po.のバービ・ヤールは、特に第5楽章か、そういう意味でタイムリーだったなあ、演奏はメシアンを含めても良かった、でも客席ガラガラだった、残念。シリンクスは「ライン」でも聴きたかったなあ。

ということで本日ブル「グ」ミュラーの謎本を読み終える。とても面白かった、確かに全く知らないまま弾いていた(弾かされていた)なあ、エッシェンバッハの演奏でも聞いてみようかと思ったのだった。もっとも、私はこの曲集には思い入れは全くなく、中でもアラベスクはどうにも嫌いな曲であった、弾くならベートーヴェンだろうという小学生であったのだ(弾けなかったが)。
弟の方のピアノ協奏曲(ベルニウス指揮)は不思議な曲であった、長じていればどうであったのだろうかと思うのだが、26歳ではねえ、いわゆる新ドイツ派の両巨頭が長生きだったのに、もう一派は短命が多いねえ。


そういえばようやく2013年発行のヴァーグナー生誕200年のドイツの銀貨が届いたのであった。


明日は、トリフォニーにシベリウスの4番を聴きに行くSt. Ivesでした。もっと寒い時期に聴きたかったような気がする。



スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/762-d5bdee1b

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。