4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.08

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.01.26 Thu » 楽譜がまたまた届く

このところ同じ話題ばかりだが、楽譜がまた届いた(実は昨日もレーガーのピアノ協奏曲の楽譜が届いていた)。MUSIAは本当に1、2冊ずつ航空便で送るつもりらしい、まあすでにお金は引き落とされているんでどうでもいいのだが。


まずはシュニトケの合奏協奏曲第4番。他の合奏協奏曲の中では、この第4番が何故か最も好きである。第1楽章冒頭、バロック風にトランペットが高らかに旋律を歌うのだが、それが4/4から7/8拍子に変るところではすでに耳が捉まってしまうのだった。ディスクはシャイー盤ぐらいしかもっていないし、それで満足しているのだが、他で良い演奏はあるのだろうか?


あわせてゼレンカの究極のミサ曲シリーズの1曲Missa Dei Patrisの楽譜も届く。ゼレンカを聴き始めるきっかけとなった曲である。他のミサ曲では使われている金管楽器や太鼓の類が編成に無く、弦楽器と声で綾なす流麗な織物という感じで、通奏低音や技巧的なフーガを用いているが、曲調はバロックというよりは古典派である。


この調子で行けば、明日あたりにロットの交響曲第1番(ダブリだ!)とシェーンベルクの室内交響曲第1番op.9bが届きそうだなあ。

スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/77-ff72d5bb

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。