4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.06.23 Tue » はて、誰だっけ?

どうも、最近の特集では出色の出来と思えるレコ芸の「リヒテル特集」を読み終えたSt. Ivesでした。最後の来日公演を焼津で聞いたのが唯一のライブ体験だったなあ。

さて、ペトレンコ、誰だっけ?と思い、日本ではライブでもディスクでも聞いた覚えはないなあ、、もしかしてロンドンにいた時代はと思って調べてみると、たぶん2回聞いている(ワシリーではなかったはず、という前提で)。

1回目は2002年11月2日だかにコミッシェでの「ラ・ボエーム」、2回目は2004年12月5日にゼンパーで「ヴァルキューレ」。しかし、そのとき将来BPOの指揮者になるとはまったく思っていなかったのであった。
1回目は、昼に聞いたアーノンクール指揮BPO、C.シェーファー他によるベーさんの「ミサ・ソレムニス」に思い至りながら、時間もあるしということで、ゆっくり夕食をとっていてそもそも第1幕はみていないし、さらにラ・ボエーム自体ほとんど聞いていないので、どんな曲だったっけ?とか思いながら聞いてみた記憶がある程度。

2回目の「ヴァルキューレ」は、同じ年の4月に、ゼンパーで同じ演出、同じ歌手でのペーター・シュナイダーの振る「ヴァルキューレ」を聞いて大感動したので(私の中では今でも全演奏の中でベスト1)、またゼンパーまで聞きにいったということもあり、良かったけど、シュナイダーの方が断然よかったなあ、というお粗末な感想しか記憶に残っていないのであった。

聞く耳がなかったなあ(遠い目)。きっと、来日公演はチケット価格が高くて行かず、欧州での2回しか生で聴かなかったなあ、とか生涯の終わりに思いそうだ。


これから、野平一郎著「作曲家からみたピアノ進化論」を読もうかと思うSt. Ivesでした。ちょっと立ち読みして、ご本人登場あたりだったかな、面白そうだったので購入。
その後、2009年4月にバイエルン州立で「イェヌーファ」を見ていたことを自分のブログで発見、すばらしいと書いていたが、うーむ、思い出せない(遠い目)
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/781-1841853d

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。