4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.07.21 Tue » レコ芸8月号 名曲名盤500

どうも、フジTVを安倍首相の解説をみて、この程度の説明能力と回答で企画をプレゼンしたら、民間会社だと突っ込まれて倒れていて、ダメだし食らって不採用だろうなあと思ったSt. Ivesです。

さて、本日レコ芸を入手。特集は「名曲名盤500選」でモーツァルトからシューベルトまで。選曲については、まあ、逆の期待通りであった。

まず、ラヴェル。過去何回かとまったく同じ紙面に苦笑。まあ、良いものは良いのだろうが、それって聴き方や評価の視点がまったく変わっていないということではないだろうか。それでは新しいものを評価できないということだろうなあ。

続いて、シェーンベルク。あいかわらず「きよめられた夜」だけであった。ディスクの多寡で選んでいるならば、「グレの歌」、「室内交響曲第1番」は10を超えるディスクがあり、ピアノ協奏曲や管弦楽のための変奏曲だって少なくとも5つはあるのだが、いやそれよりも最近人気曲(?)として演奏会でも頻繁に取り上げられる「ブラームスの交響曲第5番」でも良かったのが(いや、そんなことはない)。

最後に、シューベルト。引き続き、交響曲第4番が落選していた。そして、さらに驚きは、どう言葉を取り繕ってもヨリ稚拙な3番が選ばれていたこと。コメンテーターの「怒れる」矢澤氏も書かれているが、C.クライバーが振ったからというのが編集部が選択した理由だろう。いやはや「ヴォツェック」を彼が録音していてくれたらねえ。

「展覧会の絵」(原曲ピアノ版)の最近のお気に入りは、まったく500選で触れられていないポール・ルイスのSt. Ivesでした。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/786-13c366c0

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。