4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.08.24 Mon » 8月23日サントリー サマーフェスティバル 「若き詩人のためのレクイエム」日本初演

どうも、配られていた冊子にある過去の演奏履歴をみて、これまで聴いたのが2003年ルツェルン、2009年ベルリン(2回)、そして今回2015年東京なので、6年後の2021年にどこかでまた聴けるんだなあ、と思ったSt. Ivesです。

ということで、4回目の実演、ディスクでは体験できないこういった大規模な空間的な作品かつ、現代における音楽家としての営みとしての考え方を示した作品ならば行かねばと出かけたところ、実に大満足の演奏であった。合唱、オケそしてスピーカー(人と機械)の音響処理を含めて十全であり、素晴らしかった。残響が長めのサントリーでこれほど明晰にテープの音響や各楽器が聞こえるとは!記憶の彼方のベルリンやルツェルンよりも音響の渦に取り囲まれている感じや空間性が素晴らしく聞こえた。

そして、字幕は期待以上に素晴らしかった。ベルティーニが振っているWERGOのCDには一応原文が載っているのだが、はっきり言ってドイツ語だって怪しいのに、チェコ語に至ってはわからんよ、だったので、「人間の顔をした社会主義」を標榜した「プラハの春」がブレジネフ・ドクトリンのもとでつぶれされた際のドプチェクの演説内容がようやく詳細に理解できたのであった。ちなみに、プレトークで今回のサマフェスを企画した長木氏は、読めないことを意図した1箇所があると述べていたが、どこかは正直わからず。翻訳が500円くらいで売られていれば買ったのだが...。

それにしても、ツィンマーマンは、まさか自分の死後にソヴィエトが崩壊し、チェコがビロード革命を成し遂げ、テープにも登場したナジ(1956年の失敗に終わったハンガリー革命(「動乱」はソヴィエト側の表現である)の際の指導者。後に処刑される)と異なり。ドプチェクがチェコ大統領として復権するとは思っていなかっただろうなあ。


ということで、偶然かもしれないが、時宜に適った企画とそれに応えた演奏に大満足のSt. Ivesでした。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/790-3b251cdc

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。