4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.10.11 Sun » リヒテルとルービンシュタインが届く

どうも、子供と孫と父親の作品を聴いて、うーむと思っているSt. Ivesです。それぞれスクリャービン、プロコフィエフ、リヒテルです。

スクリャービンの息子、本当に11歳の子供の作品かと思うのだが(おとっつぁんのスケッチをもにしたのかと思ったよ)、返す返すも早死に(WIKIによると船の事故)が惜しいねえ。プロコフィエフの孫、自分のレーベル立ち上げたもの、軽快で楽しい、でもポピュラー系の音楽の限界は超えないねえ、おじいちゃんの曲はS山氏によってゲーム音楽化されても古びないくらいなのにねえ。最後、リヒテルのお父さん。モンサンジョンの「エニグマ」やその元になったリヒテルが語る(みすず)でもしみじみとリヒテルが語る悲劇的な死を遂げた人。作風は、当時のオデッサでもちと古いのではないかと思うのだが、良くかけていてcpo(の忘れ去られた19世紀作曲家シリーズ)で取り上げてもよいかも。

さて届いたリヒテルは、音源ではなく、下の画像にある生誕100周年を記念してロシアが今年発行した2ルーブルの銀貨です。多分ピアニストをメインに生きた音楽家としては、第1位次世界大戦後に独立したポーランド初代大統領でもあったパデレフスキ(ポーランド発行)を除けば、初めてでしょうねえ。光の加減で、黒くみえる部分は、普通のプルーフ、白い部分はマットのプルーフです。

リヒテル コイン

で、ルービンシュタインは、例の140枚を超えるセットが格安になったのでポチっと注文したのが届きました。特段ルービンシュタインのファンではないのですけど、カーネギー・ライブのバッハ/ブゾーニのシャコンヌとストラヴィンスキー/ルービンシュタインの「ペトルーシュカ」をディスクで持っておきたくて購入して、順番に1から聞いていますが、実に良い。オケとの掛け合いが昂じて変テコな演奏になったモーツァルトのピアノ協奏曲第23番もありますけど、余裕のある聴いていて疲れないで感心できる演奏で。これが1枚140円くらいとは、喜んでよいのかそれともここまで安売りされる程、芸術の商品化も極まれりと嘆くべきか。

これから、モソロフのピアノ協奏曲を聴こうかと思うSt. Ivesでした。何年ぶりの新譜だろう。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/794-7eb57688

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。