4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2005.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2005.08

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.10.28 Wed » iTunes の調子が...

どうも、テツラフのヴァイオリン、パーヴォの指揮によるシューマンのヴァイオリン協奏曲を聴きながらのSt. Ivesです。

さて、AppleからiTunesのヴァージョンアップ要請があったのでアップしたら、立ち上がりが死ぬほど遅くなるし、再生を勝手にするがいかなる指示にも反応しないというこまったちゃんの状態になってしまいました。その上勝手に再生する曲が、B.A.ツィンマーマンの「若き詩人のためのレクイエム」で、思わず「iTunesがフリーズした際に自らの葬送曲でこれを選ぶと、さすが我がPCにインストールされただけある」と一瞬だけ感心しましたよ。ただ、いくら20世紀後半を代表する曲とはいえ、こればっかり聴くわけにも行かずで、システムを過去の復元ポイントに戻し、バージョンアップ前のiTunesを使っていますが、これまたこれで、表示がおかしい(それ以外は従来とおりサクサク動く)。
<もともとの表示>    <現在の表示>
   Music      →    "App"(ジャンル順)
Play List →    設定
iTunes store →    Radio
決定       →    再生

等々。最初は、表記されているものと意味するものとが違っていて気が狂いそうでしたけど、最近は、意味するものの「記号」であり日本語等ではないと思うようになって慣れてきました。戯れもいい加減にせいと思いますよ。いやはや、いつになったらこのバグは直るのやら。

PCにインストールしたPOWERDVD15 ULTRAでは、TVで録画したブルーレイディスクの音がUSB DAC経由ではどうにも出ないので愕然としているSt. Ivesでした(モニター画面付属のスピーカーからは、HMDI経由で音は出るけど)。oppoとかを買うしかないのか?
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/796-a22990d5

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。