4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.03 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.05

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.12.17 Thu » ポール・ルイス@王子ホール 12月17日

どうも、ベートーヴェンの洗礼日という本日に行われたポール・ルイスによるベートーヴェンの最後の3曲のピアノ・ソナタのリサイタルに行ったSt. Ivesです。

本来10月28日の予定だったのが、腸の病気だったかで順延。本日も来ているのかなあと不安に思いつつ会場に。
ステージ姿は以前と同じ感じで、ともかく良かった良かった。

さて、演奏はというと、CDの端正な演奏とは異なり、まるでシューベルトの目(耳)を通したかのような、晩年の彼のソナタに非常に近い世界、幻想的で即興的な趣を持った演奏。
例えば、31番第3楽章の出始め、同じ拍で記述されている同音の連打でも、不ぞろいな付点リズムで演奏され、ためらいというかおずおずとした感じを受けたり、突然瞬間的に高速で演奏したり、あるいはノンペダルでポツリポツリと演奏すると思えばペダル踏みっぱなしで豊穣な音塊で押し捲ったりと変幻自在で、最後の3曲では聞いたことがない演奏(ある意味アファナシエフより自由かも)。もちろん、31番の最後の高揚感、第32番第1楽章の鬼気迫る演奏や密集するトリルが永遠に続いて欲しい、時よ止まれと願うほど美しかった第2楽章など、ダイナミックレンジ、音色、音の芯の硬さもCDとは比べ物にならないほどぜんぜん幅が広くて、ちょっと淡白過ぎる(詰まんない)演奏だなあと思う時もあるCDは、「基本設計図なんで、ライブに来てください」という感じ。でも王子ホールの来年の予定にはないんだよねえ、凸版でも紀尾井でも行くよー。


とりあえず今年のコンサート・リサイタルはこれで終わりのSt. Ivesでした。

スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/801-3d355b5e

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。