4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.06

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.07.27 Wed » 「黄昏の調べ」(春秋社)読了

どうも、懐かしさを伴いつつ「黄昏の調べ」を読了したSt. Ivesです。

たぶん、過去の40年近くに出版された日本語で読める範囲の現代音楽あるいは20世紀音楽関係の本を読まれた方にとっては、懐かしいなあと思われる記述(引用)が多い、現代音楽史としてコンパクトにまとめられた本でしょうかね。

最後の2章の筆者の見解というか、そもそもの前提には同意しかねるのですけれど、大体、筆者は私と同い年ぐらいで、中学生ごろから関心を持った本や作曲家、演奏家は重なり、また評価も近いところにあります、まあ、そうした本や作曲家や批評家に影響されたんだから同じような評価に毒されたと言うことかな。

我が家の最年少の家人(約2.5歳)は、例えば、テレビで調性音楽のクラシック音楽の演奏が始まると、トイピアノのところに駆け寄り、猛烈にたたき始め、あまつさえおもちゃの木製レールで1オクターブを超えるトーン・クラスターをがんがん鳴らして喜んでいます。先日は小曽根&チック・コリア&N響を見聞きしていたら、山下洋輔並の肘打ちで乱入していました。「調性」に慣れてしまわずに、今の耳であり続けることを願っていますよ。

彼に、ご近所の何棟もあるタワマンの最上階から異なる曲をいっせいに流して聴かせてみたいSt. Ivesでした。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/817-8b3e7ed4

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。