4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.08.04 Thu » 8月4日 飯森指揮 東京交響楽団 ポポフ 交響曲第1番 日本初演 @サントリー

どうも、非常に幸せな気分のSt. Ivesです。

ロシア・アヴァンギャルドの精華であるポポフの交響曲第1番を生きている間に聞けようとは、さらにこれほどの素晴らしい演奏で聞けようとは思ってもいませんでした。奇妙な間合いがホールの響きでつながれる中、まるで革命中の都市部での戦闘シーンの連続のような第1楽章、叙情的で美しい響きが暴力的に響きに侵犯されていく第2楽章、その果てにスクリャービンの3番に通じるような未来派的なオプティミズムとユートピア的喜悦に満ち満ちた第3楽章、いずれも巨大な編成、例えば演奏上の都合で16本のホルンを使ったり、ホールに展示されていた楽譜上では確か24人の第1ヴァイオリンを要求していたり、響き自体の圧倒的な力、とても家庭では再現できない力感と共に、多数のソロ部分を含めて精妙かつ生き生きと演奏されておりました。

今を去ること27年前の9月、N響の演奏で初めて聴いたショスタコーヴィチの交響曲第4番──ロシア・アヴァンギャルドの墓碑銘──の衝撃、レコードやCDでは体験できない生々しい音の衝撃をあらためて思い起こしました。録音しているようでしたので、ディスク出て欲しいものです。

「この曲の後に10番やるのか、狂気の沙汰かも」という話声も帰り際のホールで聞こえましたが、すみだトリフォニーで8月28日(日) のアマチュア・オケによるポポフの交響曲第1番の演奏が楽しみなSt. Ivesでした。たぶん、トリフォニーのチケットセンターではまだ売っているでしょうから、今日の演奏を聴いて曲を気に入った方は是非是非。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
感激しました
小生も会場で聴きました。休憩時間中に片山先生は見かけましたが、ブログ主殿は発見出来ず。前半のラフマニノフがひたすら遅く、サイン会の人数を増やすためかピアニストがアンコールを2曲もやったので、ポポフ終了後の感想戦に参加どころか拍手もせずに会場を飛び出し、最終新幹線に乗れました。マイクの数からしてエクストン当たりが録音していたと予想。ミキシングが大変でしょうが、期待しています。これだけの精度と熱意が1回だけとは勿体無い。井上道義のシンフォニアみたいに定期的に再演すれば良いのに。
楽譜はシャーマーですね。パート譜は表紙は印刷でしたが、音符は手書きですね。
シャーマーのサイトでポポフを検索すると出てきますが、フルスコアも含めてレンタルでしょうね。
8/28も行く積りです。アマオケがどこまで迫れるか期待しています。
Re: 感激しました
どうも、アカミデアさん今晩は。

> 小生も会場で聴きました。休憩時間中に片山先生は見かけましたが、ブログ主殿は発見出来ず。前半のラフマニノフがひたすら遅く、サイン会の人数を増やすためかピアニストがアンコールを2曲もやったので、ポポフ終了後の感想戦に参加どころか拍手もせずに会場を飛び出し、最終新幹線に乗れました。

松岡さんともどもホールで待っていたのですが、そういうことでしたか。ラフマニノフは殆ど寝ていました。サティも寝ていました。7番の3楽章は、リュビモフ路線かなと思ったら、結構かっとび系でしたね。

>マイクの数からしてエクストン当たりが録音していたと予想。ミキシングが大変でしょうが、期待しています。これだけの精度と熱意が1回だけとは勿体無い。井上道義のシンフォニアみたいに定期的に再演すれば良いのに。

CDかSACDで出ればうれしいですね。一回限りではもったいないし、もっとも、トラを大量に必要とするので、興行的には難しいかも。

> 楽譜はシャーマーですね。パート譜は表紙は印刷でしたが、音符は手書きですね。
> シャーマーのサイトでポポフを検索すると出てきますが、フルスコアも含めてレンタルでしょうね。

私も見ました。サイトではレンタルとなっていました。全音が出してくれないかなあ。

> 8/28も行く積りです。アマオケがどこまで迫れるか期待しています。

はい、私も楽しみにしています。ではでは
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/818-bfff33f3

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。