4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.04 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.06

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.08.28 Sun » ポポフ 今月2回目

どうも、今日は寝ずに聞きとおしたSt. Ivesです。

ということで、すみだトリフォニーまで、森口指揮オーケストラ ダヴァ-イによる

スヴィリドフ:「時よ、前進!」
ポポフ:交響曲第1番
ショスタコーヴィチ:交響曲第10番

を聴きに行きました。まずはお疲れ様という感じですね、重量級の2曲を立て続けに演奏するのはさぞ大変だったかと思いますし、聴くほうも疲れました(まあ、レヴァイン指揮ミュンヘンpo.のレヴァインさよならコンサートの「大地の歌」と「復活」の連荘プログラムに比べれば疲れませんでしたけど)。

1曲目、ソチ五輪の曲といわれて聞くと、開会式のエキシビションで「革命後の時代」に流れていた曲だということが分かりました。まあ、5カ年計画とか重工業化とか全国電化計画とか、ドニエプルやアラル運河掘削とか、自然破壊と大規模飢餓と強制労働もなんそののソヴィエト・ロシア版「三丁目の夕日」の時代の音楽でありました。

2曲目、さて、どうなることやらと思ったのですが、聴けました。プロとは比較しませんが、形になっていましたしテンポもだれることなく、もちろん迫力もユーフォニア的ムードもたっぷり味わえました。願わくば、部分部分の対比をもう少し鮮明にしたらよりよかったのでしょうが、まあ、そこまで求めても。また、東響の演奏とは音響バランスが異なっていたので、いろいろと違う音が聞こえて面白かったです。

3曲目。やはりショスタコの10番の方が真っ当な曲で演奏することも考えて作られているんだねえと思いつつ、2楽章はムラヴィンスキー越えを狙ったのかというアップテンポで聴かせてくれました。さすがに、4番をやろうという話にはならなかったのでしょうねえ。誰か、ポポフの1番、モソロフのピアノ協奏曲、ショスタコーヴィチの4番というプログラムをしてくれないかねえ、ゲルギエフと彼の手兵ぐらいしかやれそうな人は思いつかないけれど。

解説もツイッターのような感じで1922年から現在にいたるまでの作曲家やソヴィエト・ロシアの音楽をめぐる政治状況を垣間見させる面白いものでした。東響の解説でポポフが10番を聞いて私の曲を引用している!と述べたと書かれていて、えーそうかなあ、と思っていたら、こちらの解説ではその言葉も引用しつつ、違うんじゃないという見解も書いていました。、事実確認や前後関係をきちんと抑えられないプロの書き手にとっては厳しい時代ですなあ。

今日は、吉祥寺でのシェーンベルクのSQ4番にとブーレーズ御大のSQに行くか悩んだSt. Ivesでした。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/820-76b4d992

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。