4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.09.20 Tue » レコ芸10月号

どうも、レコ芸10月号を読み終えたSt. Ivesです。

読者投稿欄に購読暦56年の方の当初がありましたが、、特集は「人生の50枚」ということで、読者層が高齢化しつつあることを念頭に置いたかのような特集でありました(若い人が参考に読むのかな?)。まあ、私もいつの間にか半世紀近く生きていることに最近思い至り驚いているのですが。

「無人島に持っていく」的な特別なディスクではなく、長年繰り返し聴いているディスクを聴いた順に挙げるという、曖昧ながらかなり難しい御題でありました。この人はこういうディスクを聴いてきて、現在の演奏評につながっているんだねえ、やっぱりというところもあれば、まったくどんな演奏(曲)なのか、そもそもディスクの存在すら知らないものものありました。そして、確か小学生の頃は良く聞いていたと記憶している、ボールトの「ライン」──LPを放棄した際に捨ててしまった──、をもう一回聴いてみたいなあというまったく本筋と離れた興味も湧いたのでした。でれきば、片山、増田、長木、鈴木の4氏のそれも読んでみたかったところです。

さて、わが身を振り返って、ずーっと聴き続けている50枚を聴いた順に挙げろと言われるとはた困るのでした。例えば、最初がバーンスタインのマーラー8番(SONY)であることは自信を持って言えるのですけど、カラヤン(新)とジュリーニのマーラーの9番、バイロイトの「第九」、ムーティとクレーメルのシューマンのヴァイオリン協奏曲、シノーポリのシューマンの2番(旧)、ハイティンクの振るショスタコのバビヤールと8番、MTTのアイヴスの4番(SONY)、ラサールSQの新ヴィーン楽派とリゲティのSQ2番というくらいまでは順番として言えるが、ブーレーズのハルサイとペトルーシュカ(SONY)やリヒターの振るミサ曲ロ短調がこの順番のどのあたりに入るかという段階ですでに怪しいのでした。


でも一番良く聞いているのは、頭痛薬のごときムローヴァ独奏 アバド指揮BPOのブラームスのヴァイオリン協奏曲だろうなあというSt. Ivesでした。しばし、50枚を考えてみよう。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/821-8475234f

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。