4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.02.10 Fri » ジャンヌ・ダルク

Janne.jpg




明日の新日po.で演奏されるオネゲル「火刑台上のジャンヌ・ダルク」を予習中です。若干風邪気味ですが、気合で明日はこの偏愛曲を聴きに行きます。

さて、この曲でしばしば思い出すことは、N響が若杉弘指揮の下で演奏した際(90年?)、繰り返し歌われる

File de Dieu va va va! (行け、行け、行け、神の娘よ!)

のva va va の部分を 「ヴァ、ヴァ、ヴァ」というフランス語の発音ではなく、「ファ、ファ、ファ」とドイツ語読みさせていたことです。

その時は、この曲を聴く初めての機会でもあり、フランス語も知らなかったので、そういうものとして聞いていたのですが、大学の先輩にフランス語なのにドイツ語のように歌わせていたと言われ、CD(ボド指揮 DENON)を購入して聞いてみたら違っておりました(その後しばらく経ってから聞いたデュトワ指揮N響による再演や、ゲントでの実演では「ヴァ、ヴァ、ヴァ」と発音させていました)。

何故、若杉が異なる発音させていたのかは分かりません。ファ、ファ、ファの方が音として軽いからか(これは、天使がジャンヌに対して呼びかけるセリフとして記録されている)、あるいは当時のジャンヌの住んでいた地方の言葉ではそう発音していたのか?

因みに、上の写真にある楽譜には、対独もついていて、そこではこう訳されていました。

Tochoter von Gott! Fort von hier!

違う曲だな。
スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/83-e08f3f1e

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。