4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.03.12 Sun » ダ・ヴィンチ・コード

ここんとこ、忙しくてN響(8日)、名フィル(10日)そして本日のオーケストラ・ニッポニカのコンサートにも行けなかったのは、かえすがえすも残念でありました。


昨日はピアノの調律をしてもらいまして、ド素人が聴いても音が整ったなあと感じるのでした、だからといって上手く聞こえるようになるわけではないのですけど。


さて、今日の通勤の行き帰りと、帰宅してからの約4時間で「ダ・ヴィンチ・コード」を読了。確かローマからロンドンに帰る飛行機の中だったかと記憶していますけど、隣席の若いあんちゃんが飛行機が飛び立つ前から読んでいて、その後うとうとして寝て、ロンドンに着陸する直前に目が覚めたらまだ読んでいたのを思い出しました。確かに読み始めたら止らない「ジェット・コースター」的な展開であります。

内容的に当初は、ウンベルト・エーコの「フーコーの振り子」のようにあまりにマニアック過ぎて挫折となったらどうしようかと思ったら、幸い「薔薇の名前」程度には馴染み易かったです(「あー、あそこだ」と土地勘がきく話でもあったし)。

なお、盗作として訴えられているらしいのですが、うーむ、「レンヌ・ル・シャトー」の焼き直しと言えばそれまでだけれど、あちらが(一応)学術書ならば、こちらは同じテーマの知識を小道具にした娯楽小説だからなあ。


という訳で、これから「ヴォイニッチ写本の謎」(青土社)に取り掛かります。この誰にも読み解かれない謎の本の内容は、きっと「マクロプロス家の秘密」が書かれているに違いないと私は思うんですけどねえ、プラハのルドルフII世の所有物だったというし。

スポンサーサイト

« | HOME |  »

comments
comment posting
管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://stives.blog15.fc2.com/tb.php/90-e17d3ece

09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。