4文字33行

近現代クラシック音楽愛好家の徒然草。

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07

--.--.-- -- » スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.08.01 Sat » 話題の美術館に行った 東京都立現代美術館

どうも、炎天下で飲むホット・コーヒーもまた良かったなあと思うSt. Ivesです。新規開店のお店はいずれも外部から来たと思しき人がいっぱいでしたけど、昔からの先は、地元のお年よりも数多く、若いバリスタと名前を呼び合って世間話していました。

さて、宰相Aの政府におもねったのか、主任キュレーターの嫌がらせか(その場合十分にパワハラですな)分かりませんが、会田家の展示撤去問題で揺れ、その結果か、空調までおかしくなってメチャ暑かった都立美術館@清澄白河まで行きました、といっても会田家の展示(結局撤去されないことになった)が主目的ではなく、2012年、104歳で大往生したブラジルの建築家オスカー・ニーマイヤーの展示があるので、出かけたわけです。

で、これが超ガッカリ展示。まったくお勧めしません。これまでみた建築家の展覧会では最低レベルです。

まず、あの巨大な空間をまったく生かしきっていない、小さなモケイばかり(ひとつだけ公園を歩けるようにした展示があるが、それで何?という感じ)の展示、かつ説明もほとんどなし。重要な説明は、1時間!ほどのビデオに任せているという態たらく(我々は誰かの作ったドキュメンタリービデオを見るために来たのではない!)。さらに、建築物の内部や構造についてはほとんど言及せず。これでは、いったいどんな建築かさっぱり分からない。たとえば、岩を家に取り込んだと書かれていても、それがどんな風に取り込まれているのかさっぱり見えない。はっきり言ってニーマイヤーの建築写真集を買って読むほうがよっぽどまし。

そして、ニーマイヤーと言えば「国連ビル」と「ブラジリア」であるが、前者については、数年前の森美術館のル・コルビジェ展をキュレーターはちゃんと調査したのか?と思うほどコルビジェとの共同作業の顛末すら書かれていない。そして「ブラジリア」、壮麗な大都市とだけ説明して、現在、まったく住む人、働く人の移動を考えていないことによるスラム化と大渋滞の問題について触れていないし、この都市の建設がブラジル経済を疲弊させて、その後の頻発する軍事クーデターや悩ましきインフレ経済につながっているといった話もない(直接はニーマイヤーに関係ないが)。さらに、建設から50年以上経過して、そのメンテが大変であることも。

新国立競技場の問題にしろ、あるいは膨大なダムや高速道路を作ったはいいが、その費用負担、膨大なメンテ費用といったわが国の抱える問題や現在の建築家に求められる問題意識との照応がまったくない、実にお目出度い展示であった。どこが「現代」美術館なのだ?こんな低レベルの展示しかできないキュレーターは首にすべきだ。

一方、例の会田家の展示のある子供向けとされるほうは、昨年亡くなったヨーガン・レールの詩的でシンプルで明るいインスタレーションは、多分、子供でも感じるところがあるのではないかと思われる。磯田氏の作品は、子供しか入れない場所を作るコンセプトは面白いけど、事前解説の字が多すぎ。そして会田家、撤去するほどの内容ですか、これが?という感じ。個人的には、ゴチャゴチャ系でそれほど好きではないが、大人は面白いけど、子供はどうなんだろうねえ、いろいろ政治的な内容について大人が聞かれて答えられるか問われる作品が多いなあと思いましたけど。まあ、文科省が馬鹿なのは今に始まったわけでなく、自分達より馬鹿を生産するためにくだらない教科書検定やくだらないこまごまとした規制を学校や大学にかけているからねえ。さらに子供<高校生>は政治にかかわるなというくだらない通達まで出している。政治的自由制限をかけてどうするんだ、アメリカ大統領選挙を見ろ、高校生がボランティアで参加しているぞ。それにしても、宰相Aよ、鎖国したらチョコレートだけでなく、あんこも食べられないと思うのだが(輸入制限をかけている小豆はともかく砂糖が入ってこないので)。

というわけで、常設展「戦後美術クローズアップ」の石井茂雄作品と大岩オスカールの「戦争と平和」、木の年輪をレコードとして音を聞かせるバルトロメウス・トラウベックの「Years」そして、その巨大さと黒々さとタールの香りで強烈な存在感を示している遠藤利克の「泉」を見に行ったようなものだなと思ったSt. Ivesでした。そう、展示空間が広いので子供が中で鬼ごっこできるのが良いね(監視員は困っていたけど)。

2015.07.16 Thu » 「クリングゾールをさがして」

どうも、これからプラトンの「クリトン」を読もうかと思うSt. Ivesです。

ということで、ホルヘ・ボルピ作「クリングゾールをさがして」(河出書房新社)を昨日読了。クリングゾールはもちろん、ヴァーグナーの「パルジファル」に出てくるクリングゾールと関係していますが、ミステリーの要素も強い作品なので、これ以上は書けません、が、掛け値なしに面白い。不完全性と不確定性とゲーム理論が映画「ヨーロッパ特急」の世界でダンスしているような作品(脇役には「ワルキューレ」も)。ここから、ポラーニョのアメリカ大陸のナチ作家事典に行くのも「ナチスの科学者」に行くのも自由、もちろん「クリトン」でも。

それにしても民主主義や人権は「制度」ではなく、「精神」であり「尊重」であるということをこれほど思い知らされる日はなかった。思えば、世界でもっとも民主主義的な憲法をもったとされるヴァイマール共和国ですら、その「精神」を嘲笑するならず者共に「制度」を利用されて倒されたのだし。日本を、ロシアやトルコと同じ程度、いや同じように為政者に都合の良い「法治」を唱え、共産主義を「騙る」開発独裁国家の中国程度の国にしないように(さらにその先にはISISとどっこいどっこいの山賊集団でしかない北朝鮮がある)、現在が長い日本の戦間期の始まりと後世に評価されないように、何をなすべきか、あるいは何ができるだろうか。

St. Ives拝

2015.06.28 Sun » 100のもので語る人類史

どうも、天気につられて都立美術館まで行ってきたSt. Ivesです。

最終日ということで、メチャ混みを予想していたら、それほどまでの混み具合ではありませんでした。この展覧会は、人類史をさまざま切り口で切っていってそれにそくしたものを100個展示するというもの。筑摩書房から出ている3巻本を読んでいて、日本に展覧会が来ないかなとおもっていたので、うれしい限り。やはり書籍の中ではわからないスケール感や質感が実物だと良くわかります。ただし、大英博物館の目玉商品「ロゼッタストーン」はレプリカだった....。

さて、この展覧会、最後に人類史を彩る「もの」として101番目の選択を展示する美術館に任せています。本日で展覧会は終わったのでネタバレでも良いでしょう、東京都立美術館が選んだ101番目は、なるほどそうきたかと納得のものでした。それは、プリツカー賞受賞の建築家 坂茂氏の紙管と布で作られた避難所の個室でした。体育館等が避難所になると、プライバシーの確保が難しく、それが避難生活のストレスをさらに増してしまいます。それを少しでも解消しようという目的でつくられたのでした。紙管を利用しているのは、安くて持ち運びが容易で丈夫という理由です。ちなみに、坂氏は、世界中の災害地から要請があると、自費で紙巻の建物を提供しているようです。いくら紙巻が安いからといってもたいへんな話です。

これからSONYのMasterWorks of 20th century中にあるIvesのSonata No.2 でも聞こうかと思うSt. Ivesでした。

2014.12.31 Wed » 2014年の終わりに

どうも、生活激変(色々と忙しくなった)でコンサート通いが無くなって1年ほどのSt. Ivesです。

今年一年いろいろありましたが、「HIROSHIMA」事件よりも「サンバガエルの悲劇」が繰り返された方に驚きました。ほかにもいろいろありましたが、来年は良い年でありますように。

ポポフの交響曲第1番を聴きながらのSt. Ivesでした。

2014.01.02 Thu » 復旧した

どうも、新年のあいさつ回りから戻ったらPCが立ちあがらずヒヤヒヤしたSt. Ivesです。

家人が寝ていてオーディオを使えないので、PCのiTunesで聴くかと思ったら、個人プロファイルを認識してくれないので、再起動と同時にF8ボタンを連打したのち、システム回復手段を幾つか試みてようやく今復旧。

今のPC(WINDOWS7)も購入して早4年超、HDDの寿命と呼ばれる5年にも近づきつつあり、WINDOWS8も安定しきたのかなあとか、ハイレゾDL音源にも挑戦してみるには非力かなあと、若干新規購入に気が向きつつあるのでした。

取りあえず、これから景気付けに今年初アイヴスの交響曲第4番でも聴こうかと思うSt. Ivesでした。
09profile.gif

St.Ives

AUTHOR : St.Ives

No hay caminos, hay que caminar...

09category.gif
09entries.gif
09comments.gif
09trackbacks.gif
09archives.gif
09link.gif
09others.gif

FC2Ad

09search.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。